« 可愛いネコと、実現したときに、ジンバブエ戦に期待すること | トップページ | 電子書籍の脅威と無関係に生きる本屋の件 »

梅雨入りして、気も滅入る今日この頃

今夜、いよいよサッカー日本代表の初陣となるわけですが、今までのワールドカップの試合を見ると、なんだか、それなりにいけそうな気がしてきた(根拠のない漠然たる楽観論)。
昨日の、ドイツVSオーストラリア戦は、ドイツの底力を見せつけられた感がありますが、アルゼンチンやイングランド、フランスなどは、選手層を考えれば、「思ったほど力が出ていない」という試合だった。
「何が起こるかわからない」とか「それがワールドカップというもの」などというのは、非常に都合の良い常套句だけど、まぁ、そういう事なんだろう、と思う。それが日本にも起きないとは言い切れない。

まぁ、問題は、列強各国とは違い、「思ったほど力が出ない」というのではなく、「思った以上に力が出た」というプラスの方向に、何かが起きてもらわなければならないことだ。

でも、今大会、アフリカ勢はそこまで勢いがない感じだし(というか、そもそもアフリカ各国が全部ホームゲームって考えはいくらなんでも安易すぎでは?アフリカってでかいよ?)、カメルーンがすごく舐めてくれれば、過去の相性はそんなに悪くないだけに、意外と良い展開になるかもしれない。
それでも、勝てるかと言われると心細いが、もう、数時間後にはキックオフだ。黙って眺めていよう。


ところで、ブブゼラは、民族楽器ってことで、マスコミ的には批判しにくいかもしれないが、さすがにうるさい。
メリハリもなく鳴りっぱなしなので、耳に焼き付く。
解説を聞かなくてよいなら、音声を切りたいところだが、画面だけだと、なんだかわからない状況もあり、解説は欲しい。仕方がないので、最小限にボリュームを絞ってる今日この頃。
あんなスタジアムにいたら、難聴になりそう…。

-----

いささか旧聞に属するが、先日、ライトノベルの盗作騒動があったようだ。
ライトノベルというジャンル自体に疎いので、作者についてはよくわからないが、盗んだ方と、盗まれた方の作品を具に精査し、比較表を作った人がいたので、眺めてみた。

何というか、凄いよね。

不思議なのは、どうやって書いたんだろう?ということ。
書き写した、というには改変が多く、そら覚えで書いたにしては、似すぎている。
大学のレポートなどを思い出すまでもなく、参考文献を、そのままの文体で書けばばれるからと、あれこれ継ぎ接ぎしたり、お化粧直ししたりすると、フランケンシュタインのごとく、すごく不自然になるものだ。
それでも、一冊を書き上げるって、すごい労力だったろう。

というか、やっぱり、ばれるよね。
そこんところ、どう考えていたんだろう。


でも、世の中には、不思議な事件は多々ある。
自分が死んだことにして、保険金を詐取するような輩もいる。

マスター・キートンのような調査員ばかりではなくとも、これも、いずれほころびを見せそうなものだ。
死んだことにするとして、その先、身分証明書もなく数十年を生き抜く自信は、僕にはない。
一時的に数千万円もらったとしても、病院にも行けず、レンタルビデオも借りられないという人生は、けっこう辛い。


何が言いたいかというと、世の中、あんまり深く考えないで行動する人が多い、ってことだ。

でも、数十分後には結果が出るのだから、後のリスクを考えず、むやみやたらと攻めあがって、ちんたら戻るようなことはやめて欲しい。
ここぞとばかりに攻めあがる→ボール獲られる→カウンター食らう→ファウルで止める、っていうパターンはやめようぜ。
というか、ディフェンダーなんだから、あがった後は、3倍くらいのスピードで戻ってこい。

あと、田中さんを「大和魂を最もよく知る男」みたいな持ち上げ方もどうかと思う。
キャッチフレーズの内容と対象者に間違いがないとすれば、逆に、大和魂の定義から議論を始めることになりそうだ。

何はともあれ、今日の11時は、テレビで観戦したいと思う。

|

« 可愛いネコと、実現したときに、ジンバブエ戦に期待すること | トップページ | 電子書籍の脅威と無関係に生きる本屋の件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49335/48628338

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨入りして、気も滅入る今日この頃:

« 可愛いネコと、実現したときに、ジンバブエ戦に期待すること | トップページ | 電子書籍の脅威と無関係に生きる本屋の件 »