« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

修斗の子戴冠と、サッカー日本代表VSイングランド代表の件

プロフェッショナル修斗のJCBホール大会に行ってきました。

いやぁ、長かった…。
全8試合中、6試合がフルラウンドの判定。
さすがに、5時間近い興行は疲れます。

ルミナが、松根に勝利!松根はブランクが響いたのか、様子をうかがううちに、タックルの入り際に膝が入って吹っ飛んだところを、ルミナが追撃のパウンド。
すぐ止められたけど、最初の膝で決まっていた感じ。
P1040028_2

シケリムが王座防衛も、リング上でのマイクで、「UFCと契約したから、ベルト返上します。」って。
修斗への感謝の言葉を繰り返してたけど、正直、ちょっとしらけた。

王者リオンと日沖の試合は、日沖の冷静な試合運びで判定勝利。
リオンも一発当てて、ひっくり返しさえすれば、パウンドで…とも思ったけど、隙なし。「修斗の子」が、修斗の王になった。
P1040068

6月の名古屋興行は、凱旋となって、万々歳ですね。


-----

で、修斗が終わったのが、もう9時近かったわけですが、今日は仲間と飯も食わずに、サッカー日本代表とイングランド代表の試合を見るために、速攻直帰。
電車の中で、既に試合は始まってしまいましたが、ワンセグで視聴。

開始数分で、闘莉王がCKからゴールを決める。
久々に日本のゴールシーンを見て、ちょっと驚く自分がいた。
その後、ワンセグは、電波状態が悪く、キングクリムゾンに時間を吹っ飛ばされたかのように、時々途切れてしまうので、いまいち展開がよくわからなかったが、前半は、イングランドの中盤が甘かったので、日本のボールが比較的よく回っていた。

家に帰ってから見た後半は、ちょっと気合いを入れられて、日本の選手は振り回される展開に。
そして、サイドが崩壊して、終盤のオウンゴール2発。
結果、日本代表が全得点をあげたにもかかわらず、試合は負けてしまいました!


まぁ、別に、いいと思います。
善戦したから良い、というのではなく、サッカーって、偶然だろうが、奇跡だろうが、卑怯な手だろうが、相手のミスだろうが、闘莉王だろうが、1点取りさえすれば、勝つ可能性が生まれるってことを久しぶりに認識できた。
てか、イングランドのやる気とデキを考えると、善戦って言えるかどうかは微妙ですが、本番でも、同じくらい、相手からなめてかかられる可能性もあるわけで。

それより、その後のやべっちFCで、釜本さんが、正論や期待論を話してるのに一番驚いた。
あの、ガンバ監督時代の仕事っぷりや、数多のインタビューでの受け答えは、なんだったんだ…。豪快キャラ作り?


特に面白い話はないけど、まぁ、日記ってことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実際のところ、トルシエは、今何をしてるんだ?という件

「auの取扱説明書、夏モデルから薄型化」とのこと。

もともと、困ったとき以外は、あんまり説明書は読まないが、厚いなぁ、とは思っていた。
なるほど、今まで400ページあったのが、今回からは160ページになるらしい。
しかも、文字は大きくなるらしいから、ページ数の半減と相まって、内容的に相当削ることになるんだろう。


ゆとり教育?


まぁ、ネットで見られればいいや、ってケースも多いからね。
でも、子供向けやシニア向けの機種は、従来通り、詳細版の取扱説明書を同梱するとのこと。
子供とお年寄りは、詰め込み教育か。頑張れ。

-----


正直言うと、別に、オシムが監督をやってたとしても、ベスト4はおろか、グループリーグ突破だって約束されていたとは思ってない。
今回の韓国戦だって、結果は大差なかったかもしれない。
でも、岡田監督よりは良いんじゃないか、って思わせる何かがある。


…って、思わせる岡田監督は、ある意味凄いのかもしれない、と思い始めた。


たぶん、これが、オシムじゃなくて、オリベイラとか西野とか他の監督であったとしても、「もうちょっと何とかなったんじゃないか」と思うのではないか。
そして、それこそが、岡田監督の特異性なのではなかろうか、と。
相手が誰であろうと、比較対象の可能性を期待させる能力。たとえ、ラモスとか、柱谷弟とか、絶叫系の監督でも同じなんじゃないか。


いや、さすがに、それはないな。まあ、いいや。


ところで、トルシエは、今では、すっかり「サッカー日本代表専門評論家」だ。
ホントによく話す、話す。引っ張りだこだ。
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A8&um=1&ie=UTF-8&tbo=u&tbs=nws:1&source=og&sa=N&hl=ja&tab=wn

本職の監督業の方は、どうなってるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眠れぬ夜に

今日の、サッカー日本代表の試合、見ている間に感情の起伏がどんどん低下していき、最終的に、無の境地に達したかのように、無味乾燥した感情が残った。

たとえば、自分の前に、よちよち歩きの子供がいるとして、足下には、大きな石が落ちている。
このままだと躓いて転びそうだけど、うまく気付いて、避けないかな…と思っていたけど、やはり躓いて転んでしまった、という状況。
そこには、予想があり、期待がある。
そして、現実に起きた事象は、期待には応えることなく、生じた失望は予想の範疇に収まる。
その期待も、予想も、大したものではない。過大でもなければ、過小でもない。起きるべくしておきそうな事が、そのまま起きる、という、光景。
起きた事象に、カタルシスは皆無。感情は、盛り上がることなく、ただ、緩やかに低調化していく。

そして、画面上に映る選手の、淡々としたプレイ。
twitterでも書いたけど、オートパイロットというか、対戦ゲームのコンピュータープレイというか。あるいは、NPCとも感じた。
そこに、我が国を代表する選手はいる。だが、感情移入できない。
ドラクエで、村の入口で、話しかけると村の紹介をしてくれるキャラクターがいるだろう。彼らに、思い入れのプレイヤーはいない。
そんなわけで、今日も、目の前で、流れ作業のように、ボールが流れていくだけだった。


これは、こじつけだけど、今現在、北とのリアルな戦争の可能性をも抱える韓国に対して、「日韓戦はグラウンド上での戦争」とか「勝つか負けるか」などと決意を語る日本代表選手の言葉は、ちょっとむなしい。
日本よりずっと高い可能性で、銃と大砲でドンパチが始まるかもしれない国に対して、精神的に優位に立つのは、これからも容易ではないと思っている。

そして、それは、対韓国だけの話ではない。
一般に、「ハングリー精神」などと言われるけれども、現実社会における、自身の置かれる地位の安定感が、プレイに反映されないと言い切れるだろうか。
日本が、それら他の国に勝つためには、圧倒的な技術、戦略、戦術が必要なのではないかと思う。根性は、二の次、三の次。それらが無くても、十分、勝ちうるだけの、技術、戦術が、本当は必要なのではなかろうか。

まぁ、それらを、今後の日本が獲得できるとは限らない。
期待とは裏腹に、日本のサッカー代表は、低迷し続けるかもしれない。
その事実に気付いてしまったら、日本のサッカー界は、事実上の終焉を迎えるときだろう。

なんにせよ、今から岡田監督を変えても遅い。
オシムの話をひけば、「いつ批判を始めるのか。何を変えたいのか。」「今からではできないことがある。」と。
含蓄がありすぎて、今のサッカーファンには押しつぶされそうな重さだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学生時代の記憶メモと日本代表発表の件

iPadの予約が始まるらしいが、3GモデルじゃないWiFiモデルも、ソフトバンクの扱いなの?えぇ、そうなの。
まぁ、どこが売るにせよ、欲しいとは思ってないんだけど、販売網は、もっと広くても良さそうな気がする。

並行輸入品が、秋葉原で8万円弱で売られてたけど、あんまり売れ行き良くない感じ。
在庫はそれなりにあるようだが、電波法の関係もあるし、発売開始までに捌けるのかな。

-----

最近、歳をとってきて、学生時代の事が思い出せなくなってきたので、メモ書きで残しておく。
改めて、個別のエントリーを書ければと思うけど、書かないかもしれない。

・第一学生会館の地下の食堂→アングラ食堂、人類三大タブーの一つなどと呼ばれる
・水より薄いといわれる味噌汁
・カレーの具がミックスベジタブル
・醤油ラーメンのスープは、文字通り、お湯に醤油を垂らしたようだった
・学食がカフェテリア方式になったのに浮かれて、料理を取りすぎて、最後の支払で金が足りなくなった学生続出
・そんな学生の「つけ」を記録するための、レジにノートが置かれていた
・お客様からの声に「ご飯が酸っぱいです」という投書
・大戸屋で、ご飯だけを頼み、テーブルに置かれたゴマ塩をかけて食べる
・後期試験で、講師の顔写真を選ばせるテスト→きちんと出席した学生だけが答えられる
・代返を二人に頼む奴
・大教室の授業で、十数分をかけて一人一人に出席表を配る、自称合理主義の先生

もっと面白い話が色々あったと思うのだけど、歳はとりたくないものだ。

-----

いよいよ、サッカー・ワールドカップ日本代表の発表だ。

サプライズがあるとすれば、岡田監督の辞任か。
一通りメンバーを読み上げたあと、岡田監督が辞めると言えば、「ヤナギサワ、タマァダ、マァキ…」以来のどよめきが起こるだろう。

それは冗談としても、普通に考えて、去年のJリーグ得点王の前田と、MVPの小笠原は連れてってあげて欲しい。
岡田監督は、どうせ、決まったメンバーしか使わないんだろうけど、彼らが入らないのでは、「所属リーグで活躍すること。」という選考の前提基準の意味がない。
少なくともJリーグで活躍したならば、形だけでも報われるような状況を作らなければ、Jリーグがますますしらける。

まぁ、誰が選ばれても、日本代表は応援するが、試合が楽しみなのは、やはりスペイン、ブラジル、オランダ、そしてマラドーナというところか。

もちろん、マラドーナは国じゃないが、一騎当千。
あのタレント揃いのアルゼンチンの総合力を無力化する破壊力は、特筆に値する。
それは、いわば、一国分の戦力に匹敵するパフォーマンスといえるだろう。
本番が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・サッカー日本代表の件あるいは、江頭2:50

やっぱり、キレがないよね…岡田監督の顔には。
それに、勝っても負けても、試合直後のカタルシスのような物が微塵も感じられない。

コメントなどを聴いても、もう少し表現者としての能力が、モウリーニョとかファーガソンとはいわないまでも、江頭2:50くらいは欲しいところだ。

その、江頭2:50の、雨トーーークでの、謎かけは、本当に衝撃的だった。
町工場芸人の中で、「テレビ」をお題として、謎かけを求められたとき、彼は、こういった。

>「テレビ」とかけまして、「テトラポット」と解きます、その心は「どちらも「テ」で始まるでしょう

天才が難解な方程式を解いた瞬間だった。
この公式を用いれば、およそ全てのお題が瞬時に解けてしまう。
個人的には、近年希に見る、衝撃的な放送だった。
やはり、彼の能力は、一つ突き抜けている。


そう、サッカーにおいても、ある種の壁を突き抜けるというのは、大事な能力だ。
今現在、CSKAの本田がそれに近い。
たとえ、僕ら一般市民に理解されずとも、突き抜け、結果を残す事ができる選手が欲しい。江頭2:50のような。

とか書くと、余計に混乱するね。
まぁ、普通に選んでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6枚目のSDHCカード(16GB)の件

また、SDHCカードを購入。
今回買ったのは、東芝の白、16GB。初のClass10となる。

Sdhc_201005
真ん中下の白いの。

続きを読む "6枚目のSDHCカード(16GB)の件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

改めて、世界には多様な人がいるのだということを確認した件

長野に行ってきた。
目当ては善光寺だったが、立派な本堂や中門、仁王門など、見応えがあった。
一応、有名なお戒壇巡りもやってみたが、観光客が多すぎて回廊内が渋滞し、本来の静かな中で生まれ変わりを体現するような神妙さは半減だったのが惜しまれる。
それでも、とりあえず、錠前にも触って、生まれ変わったので、もう一度人生をやり直すつもりで、ブログをつづる。


その善光寺の近所には、長野県信濃美術館というのもあって、そこの東山魁夷館がけっこう良かった。

一方、同時開催していたエジプト展の方は、正直、やっつけ仕事っぽい感じで、いまいちだった。
東京でも色々なエジプト展を見てきたせいもあり、特段目新しさもなく、何より、よく言えば墳墓などから出土した物、悪く言うと、墓を暴いて取り出したものばっかりだし、どうも気が滅入る。
さらに、一番充実していたのが、吉_村_作_治の作った焼き物や、色紙などの販売コーナーというのは、どういうことか。

しかも、その、作品がけっこう高いのである。
ちょちょいと描いたっぽい色紙が2万とか、自身で絵付けした伊万里焼が20万とか、桁を間違えてるんじゃないか?という値段。
もちろん、通貨単位はジンバブエ・ドルとかじゃなくて、日本円だ。
発掘資金に充てるということらしいが、一体誰が買うのだろう…と思ったが、売約済みの張り紙のある物もあった。


その作品や、販売コーナーの様子は、こんな感じ。
Yoshimura_1 Yoshimura_2 Yoshimura_3

改めて、この世の中には、「物好き」という言葉があると同時に、地球には68億人以上の人間が住んでいるということを確認した。
まぁ、68億人もいれば、物好きな誰かが買うんだろうけど、自分は、その「誰か」に当てはまる事はないだろう。

行くなら、東山魁夷館をおすすめしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンウィーク終了と3Dテレビなどの件

ゴールデンウィークも終わった。
今年は、ちょっと旅行にも出かけてみたが、近場だし、1泊だし、早めに新幹線のチケットを確保できたこともあって、移動もそんなに煩わしさもなく、余裕のあるスケジュールで動けた。

これが、小さな子供を連れて自由席に座るために長時間並んだり、ワンボックスカーで長距離を運転…とかいうことになったら、ある種デスマーチに近いよね。
そんな死の行軍のあとに得られる物が、しょぼい見せ物だったり、ぼったくり観光地価格だったり、それらに対する家族の非難とかだったら、世のパパたちは、みな息絶えてしまうだろう。

あまりに長い休暇は、かえって疲れさせるということだ。

-----

GWとは全く関係ないが、最近、3Dテレビが話題だ。
twitterの方でも触れたけど、先日、僕も、ヨドバシの店頭デモを体験してみた。

結論から言うと、あんまり興味ない。
映画館のような巨大なスクリーンで、視野全体が立体感に囲まれるのであればともかく、50インチ程度のフレームの中で表現できるのは、一定の奥行き感で、飛び出てくる感じも、フレームを境に消えてしまう。
付加価値としてどこまで認められるのか疑問もあるけど、そっちの方に走らなければならないメーカーの事情もあるのだろう。
なにより、コンテンツがない現状で、ハードだけ売るのはしんどいものと推察する。

さらに、最近のニュースなどを見ると、あれこれ注意事項なども出てきた。

・体調の悪い人は見てはいけない
・酒を飲んだら見てはいけない
・発育途上の子供には視野情報過多となるおそれがある
・横に寝っ転がってみてはいけない
・妊娠中の女性、高齢者は控えた方が良い
・寝不足の人も見ない方が良い

全く、注文の多いテレビである。
少なくとも、病院の病室のテレビに3Dが普及する事はなさそうだ。


さらに言うと、

・値段が高いので金のない人は買えない
・画面が大きいので置き場所のない人は買ってはいけない
・専用メガネが合わない人は買ってはいけない
・とにかく期待しすぎてはいけない
・江頭2:50は、ホントにすごいと思う。最高なのに、あまりテレビに出てこない
・僕は、江頭2:50が大好きです

ちょっと関係ない話もあるが、とにかく視る人を選ぶにも程がある、ということだ。
気楽に視られるのがテレビのよいところなのに、金持ちしか買えず、体調万全でなければ、視る事も出来ないのでは、かしこまる。
これだけ、テレビ視聴に制限が増えると、プレミアム度が上がりすぎ、今に、観音開きの扉がついたり、テレビカバーをつけたりと先祖返りするかもしれない。

まぁ、なんといっても新しい技術。多くの人柱の皆様の犠牲の上に、3Dテレビの未来があるのだろう。


というか、そもそも、僕が放送時間を気にしてテレビを見ているのは、「やべっちFC」と「劇的!ビフォーアフター」くらいだ。
どっちも、3Dからは遠く離れた番組で、きっと、将来的にも3D撮影される事もなさそうだ。


まぁ、いずれにせよ、テレビを買う予定は当分無いのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

難解な地名と、秋葉原の情景 in ゴールデンウィーク

京都には、なかなか難しい住所がある。四条烏丸西入るとか。
風情があるかどうかは、文化への馴染み度にもよるだろうが、一般的な地名のルールとはちょっと違うので、難解な部類にはいるだろう。

東京にも、難解な住所がある。

「東京都西東京市南町」

これは、読むのは簡単だが、読めても方角なんかわかんない。
ひょっとしたら、方位磁石を持ち込んでも、針がグルグル回るんじゃないかという恐怖感がある。
ちなみに、西東京市には、北町、東町、西原町もあり、東西南北が揃う。
奇門遁甲の実践には、かなりの難易度と見た。
うっかり一度入り込んだら、僕にはもう抜けだせないかもしれない。骨を埋める覚悟で、散策に出かけたいと思う。

-----

秋葉原駅横ガード下に出来た、ガンダムカフェ
Ca370208

何だ、この大行列。最後尾で、1時間待ちだって。信じがたい。

-----

そして、恒例の、カーネルサンダースのコスプレ。
Ca370209

ケンタッキーでは、各店舗ごとに、カーネル・サンダースの衣装を変えても良いとか言う話を聞いた事があるが、やり過ぎはダメらしい。

そのダメだったらしい例。
P1010170_2

個人的には、だめってこともないが、特段興味もない。
この秋葉原という異常な町では、メイド服は、もはや没記号化していると感じる。
特に差別化としての機能を果たさず、町に溶け込むための、普遍化用パーツの一つといえるだろう。

なんにせよ、今日の秋葉も、すごい観光客の数だった…。げんなり。

-----

そんなわけで、ゴールデンウィーク中のアキバは、かなりカオス状態でしたが、何も買わないのも癪なので、特に必要ないんだけど一応、デスクトップ機のオール無線LAN化を実現するという錦の御旗の元、安物買いしておいた。

今回は、ツクモ本店で、プラネックスのGW-USMicroNを購入(会員限定特価780円)。
プラネックスの同型無線LAN子機は、TWO TOPやFaithのリニューアル時にも安く売られていたけど、あっちは980円だったので、さらにお得に。
ただし、既に、バッファローの最小サイズのやつ(150MBPS)とか、プラネックスの、ちょっと大きめの300Mbpsとか、最小クラス150Mbpsとか、買ってあったので、今回ので、子機余りすぎ状態に突入。

まぁ、でも、男なら、どーんと買ってやれ。だって、安いんだもん。
使い道は、後から考える。まず、安いモノを買う。それが、安物買いの銭失いのあるべき姿。

-----

その帰り道、TRANSIT誌との連動企画である、タイ風ご飯が評判のコネクシオンに立ち寄る。
ちょうど今、高円寺では、大道芸のイベントが行われてるらしい。賑やかだった。
コネクシオンでは、マスターとのウィットにとんだ会話で、若干リフレッシュさせてもらう。

そして、今日は、気分よく就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »