« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

毛髪の減少、あるいは進化についての一考察

ほら、もう、twitterに移行しちゃったから、ブログなんか書いてる暇もネタもないんだよね。

という人が結構いるらしい。
なんと軟弱な。人間、楽な方へ流れると止まらないということか。


どっちも停滞している人間の言うことではないが。

-----

余りに肩こりや腰痛がひどくて、最近整体に通ってるんだけど、施術中にぎっくり腰の話になって、「ぎっくり腰だけじゃなくて、ぎっくり肩とか、ぎっくり背中もあるんですよ。」などという話を聞いた。

ぎっくり肩。

実は、僕は、これが多い。
お風呂でシャンプーを使ってガシガシと頭を洗ってるときに、突然肩周りに激痛が走って動かせなくなった。
また、あるときは、タオルで頭を拭いている時に、さらには、ドライヤーで乾かしているときにも、同じく激痛で固まった。

原因はよくわからないんだが、急な筋肉の捻転のせいとか、筋肉膜が傷むからとか、そんな感じらしい。
でも、髪の毛を洗ったくらいで、いちいち激痛が走られたらたまらない。
正直、一回なると、直ってからもしばらく、洗髪や乾かすのも、おそるおそるになってしまうのだ。
この痛みによる学習効果は、なったことがない人には想像もつかないくらい、強烈なものだ。


そして、この痛みを何とかしようという、体の対症反応が、最近の髪の毛の減少につながっているのではないか。
髪が少なくなれば、頭を洗う負担も小さくなる。
完全に禿げてしまえば、髪を洗うこと自体がなくなる。
これにより、ぎっくり肩からは解放されるのだ。
いわば、肉体の進化。
そう、失ってこそ、得られるものがある。それが等価交換の法則。
もう、髪のことで悩まない。


ちなみに、しばらく前に、「禿」でGoogle検索すると、ソフトバンクの社長が2番目に出てくると話題になっていたのだが、Yahoo!でも上位になっていた。
話題になりすぎて検索件数が増えたのだろう。
部分進化しすぎた人の顛末である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

twitter 3

なんだかんだと、寝る前につぶやいてみた。
http://twitter.com/Gigio_jp

でも、誰も見てないと、ネット無縁社会で独り言を言う、寂しい人のようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

twitter 2

クロス投稿といってもブログの記事が更新された事が、短縮URLでtwitterに知らされるだけだったんだ。
そう、結局、僕らは、ありもしない機能に期待しすぎて、でも、それは、若さっていう思い上がりがでっちあげた、一瞬の幻想だったんだね。


まぁ、このtwitterだが、まだ、1週間くらいしか試してないけど、すでにやりきった感がある。
いまだ、RTとか、よくわかってないし、フォローも3人だけだけど。
というか、大量に流れ込むほとんど意味を持たない情報を、いちいち時系列を追ってる暇がない。
フォローとかされても面倒だから、もう打ち止めにしよう。

うん、オレ、頑張った。
だいたい、選挙前の国会議員の演説パフォーマンスくらいは頑張った。
もうやめても良いかな、って。


それはそうと、僕は、渋滞のとか、信号待ちの人だかりで、前に割り込まれるのはそんなに気にしないほうだ。
だが、僕が思うのは、前に割り込むのは勝手だが、人の前に出たら、後ろの人の邪魔にならないように早く行け、ってことなんだ!
割り込んだあげく、だらだら歩く奴は、ぶっ飛ばすぜ!(誰かが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

twitter

ブログとtwitterに同時投稿できるらしいのでやってみる。これで、ブログも140字以内にしなきゃいけないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

話をするのが面倒くさい人の件

また、くるりです。

「この街はぼくのもの」

凄い歌詞を思いつく人がいるものだと、つくづく思う。

しかし、僕はこの曲が大好きだが、よく知らない観客が集まるフェス。そんな人たちが、この曲を聴いてどう思うのだろう。
誰でも乗れるようなビート感があるわけでもなく、イレギュラーな出だしからして、キョトン?!とするのではないかと思ったが、そんな疑念を圧倒するくらい、濃い熱量。
6月の公演が楽しみです。

-----

あまり電話したくない人がいる。
彼と話しだすと、とっても通話時間が長くなる。
その理由は、彼が、こちらの言ったことを、いちいち言い返すからだ。

頭がよい人の特徴の一つは、相手の話を上手く要約することができることだと思う。
こちらも頭の中でよくまとまっていない話を、「つまり、○○、○○、○○ということですね。」などとポイントを整理して返されると、「そうそう、まさに、その通り」と感心してしまう。

だが、この人は違う。10話すと、10返ってくる。へたすると、10.5とか、11.3くらいだ。
簡単に言えば、復唱しているのと同じなわけだ。
しかも、特に内容を理解しているわけでもなく、単に言い返すだけだから腹が立つ。

「だから、さっき、そういったじゃないですか。」
「え、そうだっけ?」

ときどきタメ口になるのが、余計にむかつく。

そんな彼は、成功法則の類が大好きなので、たぶん、「同じ内容のことを話すことによって、よく理解していることを示す」とか「相手の話に共感していると感じさせる」とか、そんな内容を読んだのだろう。
だが、おまえのしていることはオウムだ!鳥レベルだ!否、鳥に謝れ!


とか言おうと思ったが、言ったら、それも繰り返されそうなので、ぐっと飲み込んだ。


さて、4月ですね。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
僕は、既に、こいつのために、無料通話分を使い切ってしまいましたが、皆さん、よい新年度をお過ごし下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »