« 久々に安物買いで銭を失った件 | トップページ | 話をするのが面倒くさい人の件 »

3月末の雑記など

電車の中で、本を読んでる人がいたのだが、その中の写真が、おかしかった。
ムキムキのマッチョが色んなポーズで写っている写真が何枚も載っている。

しかし、ボディビルの本にしては、分厚く、文字が多すぎる。挿し絵程度にしか写真が載っていない。
気になって、何だろうなぁ、と思って、横目で見てみたが、よくわからない。
ようやく確認できたのは、「ベヒテルーテスト」という、少し大きな見出しの文字。


帰ってきてから、慌ててネットで調べたが、グーグルでもヒット数がかなり少ない。
正確なところはよくわからないが、どうやら整形外科的な用語で、腰痛か何かの原因を探るためのテスト方法だったようだ。

ということは、あれ、医学書だったのか…。


なおさら深まる、マッチョな写真の謎。なぜ?

普通に、中肉中背な男性とか、女性で良いじゃん。
執筆者の趣味なんだろうか。

-----

いつも、通り過ぎるときに、ビクッと驚くネコがいる。
通り過ぎようとするまで、いつも寝ているのだ。
野良猫なのに、鈍感というか、油断しすぎじゃなかろうか。

-----

ポンサクレックの試合は生では見られなかったけど、ざっと確認しました。
まぁ、普通に考えれば、ポンサクレックの完勝ではないかと思います。

なので、判定2-0というスコアは、「へぇ、敗者側に配慮したんじゃないの?」と疑義を抱くほどで、まぁ、負けてなお、ホームタウンデシジョンが働いていたということでしょうか。
この試合で、ドローをつけたジャッジは、よほど審判技術がないか、足し算引き算が出来ないか、他人からの頼みを断れず、結果として心労を抱えた人なのかと、邪推したくなるほどです。

そういう意味で、ジャッジがおかしい!と主張した、某父の愚行蛮行も、一理あるのかもしれません。
きっと、本来だったら、もっと差がついていたはずだ!といいたかったのでしょう。
否、もし、万一にでも「息子の勝ちや!」などと言いたいのでしたら、一番、傷つくのは、その戦った本人でしょう。
力の差は、戦った人が一番感じるものですから。

今回の試合について、ダイレクトリマッチなんて受ける義務も義理も合理性も必要もありませんが、何度受けても、このカードでは結果は覆らないと思えるほどの差がそこにある。
ただ、試合結果にごねて無理筋を押し通して、結果として得をするという悪例をこれ以上、野放しにする必要はない。
JBCの事務局長や東日本の会長はあてにならないので、WBCの方で、きっちりと毅然とした対応して欲しい。


というか、あの日、一番まともな発言していたのは、ビートたけしでしたね。
試合後のTBS番組中の、コメントはすごかった。

「アナウンサーが亀田のパンチが当たったことしか言わないから、画面見てないと亀田が圧勝したのかと思っちゃうよ」

それを、試合直後の、TBSの番組出演中、生放送で言う、この痛快哉。

|

« 久々に安物買いで銭を失った件 | トップページ | 話をするのが面倒くさい人の件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49335/47946993

この記事へのトラックバック一覧です: 3月末の雑記など:

« 久々に安物買いで銭を失った件 | トップページ | 話をするのが面倒くさい人の件 »