« パソコン関係の話題など | トップページ | THIS IS IT »

auらしさって何なのか、という件

深夜枠の番組で、auのCMがちょくちょく入る。
しかし、その内容が、残念なものだ。
なんかしらんが、携帯を使ったヨガを一生懸命に勧めている。
最近は、電車内の広告を,全部auでヨガのキャンペーンに当てたりしているが、見るだけで、辟易とする。

率直に聞きますが、auにとって、ヨガは何なんですか。
一体、ヨガで何やろうって言うのか?
そんなに大きな需要が、そこに眠ってるんか?

今、auの携帯を持ってるユーザーで、「あー、ヨガでもやりてぇ…」って思ってる人間と、「あー、auにもiPhoneとかAndroidがあったらなぁ…」って思ってる人間のどっちが多いのか。
ヨガをやりたい奴は、携帯なんか使わなくたって、ヨガ教室通ったり、Wiiでやってるって。
でも、現状では、スマートフォンは、auにいる限り、まともに利用できないわけですよ。
そっちのユーザーを無視して、ヨガやらゴルフスイングやら、余計な機能に突っ走るauの方針が理解できない。

ヨガを推進する営業コストと、端末の開発にかかるコストは確かに二、三桁以上違うかもしれないが、どっちをやるべきかと言ったら、後者だと思う。
今のauの端末を購入する人は、ほとんどが、消去法だと聞く。
これが欲しい、というお目当てがないという状態。
だからといって、ヨガが出来る携帯なんか欲しくない。

「最近、auが元気がないという話が出るが、これをまず改善しよう、商品自体のauらしさを出そうと考えた。昨年の夏モデルでは、ソーラーや電子書籍のbiblio、Sportioなど、auの夏モデルは少しとんがり過ぎじゃないの? などと言われた。でもそれがauらしさでもある」などと語った。(ケータイWiathより、KDDI湯浅氏のコメント


ソーラーやら電子書籍やらHD動画やらがとんがってるなんていうのかね。
ただ、余計なギミックがついただけではないか。
これがauらしさだというのであれば、今後も、十徳ナイフでも、ライターでも、マッサージ器でもくっつければいい。
移動しながらの通話と通信という携帯電話本来の役割をないがしろにし、本筋から外れた余計なものをとんがらせてauらしくなるのなら、auらしさは永遠無限大の広がりを見せるだろう。
にもかかわらず、ユーザーが一番欲しいものはいつも手に入らない、という失望が、よりいっそう加速していくだろうが。


ということで、この勢いでは、また買い換え時期を逃すことになりそうだ。
新型URBARNOが良い機種でありますように。

|

« パソコン関係の話題など | トップページ | THIS IS IT »

コメント

他社に移ればいいのに・・・と思ってしまうのは私だけでしょうか。
iPhoneはご存じのとおり通信方式が合わないので技術的に無理ですし、Androidは今開発中です。

違約金さえ払えば他社に移れるのですからauにこだわる必要はないのでは。

投稿: 通りすがり | 2010/01/21 15:11

わざわざ通りすがりの方に書き込んでいただき、恐縮です。
批判するなら他へ行け、というsimplisticな思考は、「私だけ」ではないかと思います。おっしゃりたいことはわかります。

ただ、読んでご理解いただけなかったかもしれませんが、別に、自分自身がiPhoneやAndroidが欲しいって言ってるわけじゃないですよ。
僕が欲しいのは、文末に書いたように、URBARNOのようなタイプですし。そこにこだわりがあるわけではないので、念のため。
それに、自身のこだわりとは別に、簡単には移れない事情があるかもしれないし、払うのは自分の違約金だけでもないし、他にいくらでも選択肢があればともかく、実質的に残り2社しかない中で、auに残ることに相応の理由があるケースもあるでしょう。
積極的な理由だけで思いのままに選択できるなら苦労はないんですけどね。でも、現実は、そうばかりでもないかと。

ありがとうございました。

投稿: Gigio | 2010/01/21 18:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49335/47349985

この記事へのトラックバック一覧です: auらしさって何なのか、という件:

« パソコン関係の話題など | トップページ | THIS IS IT »