« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

フジファブリック

コンビニで買い物しようとレジに並んでいたら、向こうで、本棚からコピー機に雑誌を持っていく女の子がいた。
しばらく眺めていたのだが、その行動の意味するところを理解して驚いた。

雑誌をコピーしていたのだ。
もちろん、売り物の雑誌を。

えー、それはないんじゃないの?
数年前、携帯電話にカメラがつくようになって、必要な部分を撮影していく「盗撮」が問題になったけど、その上を行く大胆な行動。
しばし、唖然としたが、さすがにこれは教えてあげた方が良いかなと思って、一応、レジの人には「何か、コピーしてますけど?」と言ってみた。

そして、返ってきた答えがこれだ。

「そッスか。」

えー、それはないんじゃないの?
思わず、同じ感想を繰り返したくなった。

まぁ、別に、僕は、コンビニ店長でもないし、雑誌社でもないし、著作権管理団体でもないので、それ以上、何かする義務も義理もないし、そもそもそんなことを進言する必要もないのは確かで、余計なことすんなと言いたい人もいるだろう。
でも、さすがに、やりすぎじゃないの?という思いはあって、言ってみたわけだが、上記の通りの反応だった。
冷静に考えてみて、確かに、立ち読みとどこが違うのかとか、むしろ、コピー代金を払ってる分だけ、コンビニには利益かもしんないけどさ、とか色々考えるわけですが、なんか釈然としないものがある。

本というのは情報の集合体な訳で、大衆向け雑誌ともなると、雑多な、それこそ、必要なものから不必要なものまでまとめて1冊とされている。
消費者は、それらの雑多な情報を取捨選択できず、必要な部分だけを買う、ということは出来ない仕組みになっているわけだ。
かといって、情報をバラ売りすれば、コストは上がるだろうし、必要性の少ない情報は淘汰されて出回らなく可能性もある。
その中で、自分の欲しいところだけを買えるような仕組みがないから、今回みたいな行動を取る人も出てくるのだろう。

個人的には、ブックオフなどの中古本書店は、そういう需要も拾ってるんだろうな、と思う。
色々な意味で、出版関係のマーケットは、チャンスロスの度合いが大きいんだろうなぁ、と思いつつ、中華まんを買った。

-----

フジファブリックのボーカル&ギターの志村正彦さんが亡くなられたとのこと。
ほとんどの人は気付かなかったと思うけど、実は、結婚パーティーでもかけたり、けっこう好きだった。
情報も少なく、釈然としないものもあるが、思うことは、誠に惜しい、ということ。

銀河
パッション・フルーツ
サーファーキング

-----

ウイルスバスター関係のエントリーは、こちらにあります。
[1] [2] [3]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セキュリティソフトについて ウイルスバスターほか

フードの周りに毛皮の着いたコートと毛皮の襟巻きをしていた女の人が、たすき掛けしていたバックを外そうとした瞬間、ベルトを引っかけて、フードをかぶった。

おお。
それは、あたかも百獣の王のような、見事なたてがみだった。
笑う獅子のごとく、立派だった。

でも、コートの柄は、ヒョウ柄だった。
-----

ウイルスバスターが繋がらなくなってから、色々と試行錯誤しておりました。

結論から言うと、悪さをしていたのは、ウイルスバスター2010ではスマートプロテクションネットワークというやつでした。2009でも、同様の機能があるので、たぶんこれが原因だと思いますが、アンインストールしてしまったので、確認できません。

一応、この機能をオフにすることで、接続は出来るようになりました。
でも、当初はメールの送受信が不安定で困惑しました。
今は普通に使えているので、これはまた別の原因かもしれませんが、もはや、一度崩れた信頼は取り戻せませんね。

オフの仕方は、メイン画面を起動→契約更新/その他→スマートプロテクションネットワーク→設定→「脅威情報をマイクロトレンドに送信」と「ソフトウェア安全評価サービスを有効にする」のチェックボックスをオフにする、と。
とりあえず、これで何とかなりました。


と親切心を見せたのは、毎日毎日、すごい数のウイルスバスター接続難民が、この有意な情報の乏しいブログに来るので、いたたまれなくなって書きました。
CMじゃ、「サクサク軽快!」とか何とかいってますが、ネットに繋がらないのは軽快かどうか、操作感以前の問題でしょう。
ホントにひどいな。


まぁ、でも、セキュリティソフトで繋がらなくなったのは、これが初めてではないし、初期のソースネクストのインターネットセキュリティは、もっとすごかった。
何しろ、ネットに繋がらないどころか、OSが落ちましたからね。NT系でも落ちるんだと、改めて思い知らされた一瞬でした。
ネットワークカード2枚差ししてると繋がらないとか、自社ソフトとの相性が出たりとか、何か色々すごかった。
今も、良い評判は聞かないけど、昔ほどバグだらけって事もないんだろう。


ところで、このウイルスバスター騒動の後、マイクロソフトのセキュリティエッセンシャルズと、Avira AntiVirも使ってみた。
どちらも無料で使えるということで、気軽に挑戦してみた次第。

セキュリティエッセンシャルズの方は、ちょっと頼りない部分もあるけど、広告も出ないし、一応、トロイらしきものは見つけてくれたり、機能しているのは確かめられた。
Avira AntiVirの方は、もっと強力なようで、検索したら、わらわらと今まで素通りされてたものをあぶり出してくれた。評判通り、けっこう強力なのかな、という印象。
ただ、特別軽いという印象はないし、フル検索すると、結構時間かかるようだ。
あと、けっこう大きな広告というか、有料版への案内なのかな、ウインドウが出てくる。
どちらも、ファイアーウォール機能がないので、別途用意する必要があるのが面倒かな。

ちなみに、やってはいけないといわれる、セキュリティソフトの二重インストールだけど、この両者を同時に入れてみたが、特に問題なく稼働していた。誤検知とかもないし、なんか普通に動いている。
まぁ、マイクロソフトのセキュリティエッセンシャルの方が、セキュリティソフトとして認められていないのかもしれないが。

以上、参考までに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニフティの設定変更の日数が凄くかかるらしいという件

ココログを使ってるのでおわかりかもしれないが、ニフティを使っている。
あんまり古い話をしてもわかってもらえないと思うが、まだニフティサーブと呼ばれていた頃、ニフティマネージャーとか使ってパソコン通信していた、かれこれ十数年のニフティユーザーだ。

とはいえ、パソ通からも離れて久しく、かつては活発だった会議室も廃止され、ここ数年ではメール(と、このブログ)くらいしか利用していない。
だが、ニフティの方は、逆に、ここ数年は熱心に宣伝メールやメルマガを配信して、自己アピールに余念がない。

だが、ほとんど読まない。
興味ないことがほとんどだし、1日のメールのやりとりが数十通程度とは言え、振り分けや削除の手間は面倒くさいのだ。メールボックスにゴミがたまるのを眺めるのも、精神的に良くない。

ということで、あらゆるメール配信をストップすることにした。
今さら感は拭えないが、まぁ、いいじゃないですか。
気持ちよく、全解除だ。

そしたら、こんな表示が出た。

Nifty_setting

何なんだ、このスピード感のなさは。@niftyは、まだ音響カプラでも使ってるのか?
この高度情報化社会と呼ばれる今時、オンラインの設定変更で、「10日以内に反映されます」ってスパンは気が遠くなりそうだった。
せめて、14,400bpsくらいのモデムでも使って、ピーピピピピーと「早っ!」と驚いた頃のように、反応してくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »