« PHOTOfunSTUDIO 3.0 HD EditionのWindows 7で異常終了の件 ほか | トップページ | リコーから、ちょっとすごいデジカメが発表された件 »

くるりワンマンライブツアー2009 ~とろみを感じる生き方~ 中野サンプラザ

行ってきました。くるりワンマンライブツアー2009 ~とろみを感じる生き方~ at 中野サンプラザへ。
平日、しかも月曜の午後6時半開演という、鬼のようなタイムスケジュールでしたが、頑張って行ってきました。

さすがに、6時半では、まだ空席が目立っていた印象。
そりゃそうだ。この時間に間に合う社会人は、決して多くない。
あと30分遅ければなぁ、という声が、帰りのお客さんの会話の中にあったが、確かにそうだね。
まぁ、ヴァリジャパの5時からオープニングファイトよりはマシだが。

そんなこんなで、わりと普通に始まった。

1曲目がJubileeで、聴きたかった曲がいきなり聴けた。
JubileeのPVは曲の美しさと裏腹に、けっこう破壊力があるので、牛乳を口に含んで見てみて欲しい。

印象に残ったのは、「つらいことばかり」「京都の大学生」「青い空」「東京」とか。
夏の武道館と違い、鍵盤が入っていたので、曲目はだぶっていても、印象は結構違うものだった。
今回の構成は、世武裕子さんのピアノありき、という部分も大きいんだと思うけど、エンターテイメント性も強くて、面白かったなぁ。「京都の大学生」なんて、ホントに面白かった。


これ以上は、音楽的なことはわからないから割愛するけど、今日は、2階席だったのだけど、まさに岸田繁の真正面だった。
正中線の延長線上に、鑑賞の対象者がいて、まさに正対するというのは、なんとも不思議な気分だった。

そんなわけで、今回は1階席が見渡せる位置だし、自然と目に入るのだけど、自分は1階では聴けないな、と思った。
当然、熱いファンは、間近で見たいから1階席を選ぶのだろうけど、トランス状態に入ったかのように、腕を振りまくるお客さんがいたり、リズムに合わない縦ノリで跳ねるお客さんとかいたら、気になっちゃって聴くことに集中できそうにない。
自分のような、ぬるいレベルのファンは、2階席でゆったり聴くのがお似合いだ。


そんなわけで、楽しい2時間だった。

2時間で20曲。ハードな仕事だな、と思う。
ギター1本と、歌声で、数千人を相手に立ち向かう、というのも、凄いことだと思う。
つくづく、プロの音楽家はすげぇなぁ、と思いながら、帰路についた。

ちなみに、会場(2階席だけかもしれないけど)は空調が効きすぎて寒かった。はっきり言って、外より寒い。
10日の公演に行く人は、ちょっと気を付けた方が良いかもよ。


-----[PR]-----
法曹同志会

|

« PHOTOfunSTUDIO 3.0 HD EditionのWindows 7で異常終了の件 ほか | トップページ | リコーから、ちょっとすごいデジカメが発表された件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49335/46723940

この記事へのトラックバック一覧です: くるりワンマンライブツアー2009 ~とろみを感じる生き方~ 中野サンプラザ:

« PHOTOfunSTUDIO 3.0 HD EditionのWindows 7で異常終了の件 ほか | トップページ | リコーから、ちょっとすごいデジカメが発表された件 »