« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »

VALE TUDO JAPAN 09

「打ち合わせがあるので、本日は、戻れないかもしれません」と、無茶を言って駆けつけた、ヴァリジャパこと、VALE TUDO JAPAN。

ヒクソンという黒船を呼び、ブラジリアン柔術という未知の技術を知った、かの大会も、今や遠い昔。
NKまで遠かったなぁ…とかいう思い出も、あんまりわかってもらえぬ寂しさよ。

よもや、復活するとは思わなかったから、「ヴァリジャパ復活!」を聞いたときは嬉しかったけど、平日6時開始(オープニングファイトは、5時から)というスケジュールはひどいぜ!
スーツ姿のサラリーマンが、休憩時間に、仕事の電話をする姿が、あちこちで散見された。

それはそうと、大会は面白かった。

ルミナが勝ったこと。

僕のようなオールドファンには、それだけで嬉しい大会だった。
最近、再び、ちょこちょこと修斗を見るようになったけど、ルミナは出るたびに負けていた。
田村に負け、リオンに負け、なんか、修斗のリングには、もう勝てる相手がいないんじゃないかと思った事もあった。
やっぱり、絶頂期に宇野に勝てなかったのが大きいよね…なんて、過去の選手となりつつあった。
正直、近年の成績を考えれば、ルミナがヴァリジャパに出るというのはどうなんだ?という考えも、無いではないけど、出るんだったら、勝って欲しい。

というところで、パンチでダウン奪ったところを襲って、パウンドでKO勝利。
会場爆発。自分も叫んでしまった。
P1010648

いやぁ、会場が暖まった。

そこへ、リオンとペケーニョ。
3Rまで、ほぼペケーニョのペースで進み、あぁ、ブランクがあっても、ペケーニョって強いんだなぁ…と思ったところ、4Rにリオンがガードの隙間からストレートを打って、ダウンを奪い、そのままパウンドでKO。
例によって、逆転勝利を見せた。パウンド上手だなぁ。
逆転勝ちの印象が定着しちゃうというのは、チャンピオンとしてどうかと思うけど、実際、最後は勝ってるからね。強いと言って良いんだろう。
P1010657


で、また会場が盛り上がったところで、五味登場で、さらにヒートアップ。

1,2Rは五味リードという感じで進み、3R終了間際に極めかかったところで、ゴングがなると、両者ガス欠。
残り2Rは、見るも無惨な、グダグダな攻防で、五味が判定勝利。

正直、五味には思い入れもないので、ひどい言い方するけど、せっかくのヴァリジャパの最後がこれでいいの?と、苦笑いするしかなかった。
かつての、中井VSヒクソン、朝日VSホイラー、エンセンVSシャムロックなどのインパクトに比べると、あらら…という思いは拭えない。
ただ、序盤からあんまり調子よく見えなかったし、総合の試合で5分×5Rも戦い続けるのは大変だろう。
まぁ、UFCとか言わずに、修斗でもう少し頑張って欲しい。

さて、今年の修斗は、これで見納めになりそう。
パンクラスとの対抗戦とか言われても、ピンと来ないし(というか、古いファンとしては、あんなにあっさりリングに迎え入れるなんて、ちょっと拍子抜けした。)、たぶん今年最後だろうなぁ。

何はともあれ、「This is ルミナ!」で、気持ちよく帰ってきました。

| | コメント (0)

Windows 7 発売イベント

今頃、秋葉原では、Windows 7の発売イベントが行われているはずだ。
実際行ってないからわからないが、先だってのCore i 7/5発売日の深夜イベントで騒ぎすぎて、警察沙汰になったことから、果たして、どんなイベントになってるのだろうか。

秋葉原では、今まで、新OSや新CPUの発売を記念して、何度も深夜販売イベントはあったけど、実は、一度も行ったことがない。
正直、そんな、深夜まで並んで買いたいモノもなかったし、あっても根性の方が不足する。
とてもじゃないが、深夜イベントなんか行けそうにない。

ということで、さきほど、午後8時半頃、雰囲気だけを感じに、電気街に行ってきた。

Dscf5404

Dscf5406

Dscf5409


す、すげぇ…。
この時間から、もう並んでいる。

しかし、彼らも、正確に言うと、皆が皆、心の底からWindows 7が欲しいわけではなく、特典となるおまけ商品や発売記念の特売品狙いの人も多いらしい。
なんか、お店としては、警察に怒られるリスク冒しつつ、薄利で商品を供出する気の毒なイベントのような気がしてきた。

まぁ、でも、秋葉原に活気があるのは良いことだ。
たとえ怒られても、利益は薄くても、人が集まることに意味がある。

でも、イベントをやらない方の通りはこんな感じ。

Dscf5410


寂しい。
というか、普通の秋葉原の夜だった。

何はともあれ、僕は、あの行列を見て満足したので帰ってきた。
そのうち、DSP版Windows 7を買おうと思う。
どうせ、ドメイン参加なんかしないから、Home Premiumでいいかな。
非力なノートだから、XPモードも重そうだし。

もうちょっと財布と相談しながら、買うことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッカー日本代表の愛称が「SAMURAI BLUE」とされた件

日本サッカー協会は19日、都内のJFAハウスで会見を行い、日本代表新エンブレム、および日本代表チームの愛称「SAMURAI BLUE」を発表した。(引用元」:スポーツナビ)

日本中から、えーっ、という声が聞こえてきそうな発表だ。

日本だからサムライ。
青いユニフォームだから、ブルー。
別におかしい話ではない。

WBCの日本代表が、サムライ・ジャパンと名乗ってさえいなければ。

愛称の発表を受け、楢崎は「どこかで聞いたことがあるなと思いました。侍という言葉にはプレッシャーがありますが、それに負けないように頑張りたい」と率直な感想を述べ…

まぁ、みんなそう思うよね。楢崎は正直だ。

というか、スポーツにおけるあるべき「日本」のイメージって、サムライに集約されちゃうと思うんだよね。
戦いである以上、どんなスポーツでも。

だから、いっそのこと、全ての競技で、男子の日本代表は、「サムライ」を名乗ればいい。
野球もサッカーも、バスケもバレーも、みんなサムライ。ゴルフや卓球はもちろん、ドッジボール、ポートボールもサムライでイイじゃないか。

当然、強いサムライばかりじゃないだろうが、バガボンドにも、色んなお侍さんが出てきてたよ。
皆に、柳生石舟齋のようになれとはいわないが、せめて、柳生の四高弟くらいにはなってほしい。

ブルーになってる侍だけは、勘弁して欲しい。

-----

22日は、いよいよWindows 7の発売日だ。
秋葉原では、けっこうな盛り上がりになっているのだけど、実際のところ、Vista時代に比べてそんなに売れるようになるわけではないだろう。

周りの人からの購入相談を受けていて思ったが、正直、OSのことは余り気にしてない。
よもや、OSによって、使えなくなるソフトがあったりとか、そんなに使い勝手が変わると理解してるわけじゃないよね。
マック以外のパソコンが必要で、予算がある程度決まっているならば、買えるパソコンは自ずと数種類に絞られるが、その絞られた機種のOSはWindowsくらいしかないわけで、実質的に、OSが選択肢となっているわけではない。
だって、今、Vistaしかないんだから、それ買うしかないじゃん、って感じ。

大雑把に考えると、パソコンを必要としている人の数と、買えるお金を持っている人の最大公約数が、パソコン販売台数の理論値ということになるのだろう。
その中で、OSを有力な選択基準として考える人は、そんなに多くないのだから、Vistaがひどかろうと、7が良さそうであろうと、それだけで売れ行きはそんなに変わらないと思う。

と、いいつつ、Vistaのマシンが投げ売りされてるのを見るにつけ、「あー、お買い得かもなぁ」と思いつつある。
結局、OSとしては重すぎるVistaは、PCのハード性能の最低ラインを大きく引き上げる結果となった。
これに、余っているXPを載せたり、新たに7のアップグレードを適用すれば、けっこうイイPCになるじゃん、って思うんだが、これ以上買ってどうする。

まぁ、どうもしない。買うかどうかが重要なのだ。
使い道は買ってから考える。
冷蔵庫の法則という奴だ。「空いているスペースは、常に埋まる」というではないか。
買ったら買ったで、何かに利用する。

と思って、使っていないパソコンがゴロゴロしているのはないしょだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日発表のauの新機種の発売予定が2010年1月下旬となっている件について

電車の中で化粧をしている女性を見るといつも思うのは、あれって、基本的には「電車の中で、化粧をする」という段取りが、タイムスケジュールの中に組み込まれてるわけですよね。

ということは、電車の中で座るか、せめて、ドア横の独り占めスペースみたいなところには立てる前提でいると思うのだけど、事故とか車両トラブルでもあって、電車が激混みになったらどうすんだろ。
その時は、化粧しないで行ってもかまわない、という心構えか。

なんてことを考えながら、反対側の席で、鼻の下を伸ばしながら、マスカラをつける女性を横目で見たりした。
ずっと見てると何か言われそうなので、時々、進捗状況を確認する程度に。


全然関係ないけど、「仮面ライダーSpirits」によると、仮面ライダー2号は、怒りがこみ上げると、顔に改造された時の傷が浮かび上がるそうだが、今に、そういう技術が化粧に応用されて、感情が高まると、アイシャドーが浮かんだりするようになったら面白いな、と思った。
あと、確か、第1次安室奈美恵ブームの頃、あらかじめ、アムロの眉型に入れ墨していた女性がいたはずだが、今頃どうしてるんだろう。

-----
今日、というか、もう昨日になってしまったが、auの新機種が発表された。
色々発表されたけど、例によって、あんまり「これだ!」という機種はない。

僕のau歴はかなり長いのだけど、ここ2年半ほどは買い換えていない。
買い換えたくても、買い換えたい機種がないからだ。
ぼちぼち、電池の持ちも悪くなったし、キーの反応が悪いときがあるので買い換えたいのだけど、物欲をそそる機種がない。

そんな中でも、ちょっといいなと思ったのが、「URBANO BARONE」という機種。
ソニー・エリクソン製というところと、「40~50代の男性に向け…」というところが気になるが、スマートな感じは悪くない。

けど、発売予定日は、2010年1月下旬だ。


って、まだ、3ヶ月もある。
今、発表する意味があるのか?って、普通に思いました。

これから何度も、この機種のことをネットのニュースを見たり、近々auのカタログにも発売予定として載るだろう。
発売までの長い期間、ずーっと僕らの目にさらされながら、この機種は、3ヶ月後に世に出るわけだ。
きっと、その頃には、見飽きたり、陳腐化していることだろう。

発表されてから発売が1年ほどかかったスマートフォンに比べればマシかもしれないが、ろくなマーケティング手法ではないと思う。
auの凋落が謳われて久しいが、Twitterでの失態もあり、今回も浮上の兆しなし、って感じだ。

-----

あと、ダイソンが羽のない扇風機というのを発表したけど、羽がないんだから、扇風機じゃないよな?って思った。
普通に送風機といえばよいのだろうけど、「扇風機なのに羽根がない」という、逆説的なインパクトが欲しかったんだろう。

原理はわかったようなわかんないような感じだが、「あ゛ぁぁぁぁぁ~」ってできないから、子供には楽しくない製品だろう。

-----

ついでに言うと、日本エイサーの11.6型「Aspire Timeline/AS1410」シリーズは、ちょっと欲しいと思った。
X61sも、Windows 7を入れて快適だけど、やっぱりバッテリーがもう少し長持ちして欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国歌斉唱が凄かったという噂の件

先日の亀田家次男のタイトルマッチの前に、X JAPANのTOSHIさんとHEATHさんが国歌斉唱をしたらしいんだが、その評判が凄い。
早速、探してみた。

あわわ…。
特に、「いーしぃーのぉぉぉー」とか「こーけーぬぉぉぉー…」のとことか、亀田兄弟の向こうでテンションを挙げる姿は、超絶。

昔、君が代をラップにしたら、右側の人がいきり立ったことがあったが、これはどうなんだ。
改造人間は怖いもの知らずということか。
HEATHさんなんて、帽子持って立ってるだけだし。

ちなみに、試合は見てない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋葉原とかオリンピックとか

秋葉原では、また、PCショップが倒産した
BLESSというお店で、強いて言えば、ハードディスクなどのストレージに強いお店だった。
以前は、いわゆるパーツ激戦地と通りを挟んだ反対側(ツクモ本店とか東映とか浜田とかある方)にあったが、つい最近、激戦地の方に引っ越してきたばかりだった。
価格競争力が特に強いわけではなかったけれど、昔から2.5インチHDDとかの品揃えが豊富だったので、固定客は着いていたように思う。

引っ越した当時、オープンセールを見てみたのだけど、店の中が、品揃えも客数も寂しい感じで、「あらら…」と思ったものだった。
程なくして、廃業となってしまったのだけど、本当に厳しい業界ですね。
Windows 7、Core iシリーズが起爆剤になってくれればいいですが…。

僕は、Windows 7は買う予定です。
あ、ThinkPad X61sに入れた Windows 7 ですが、今のところ、あんまり不満なしです。
ちょっと、フォントを入れすぎたせいか、体感速度が遅くなりましたが…。
あと、追加したフォントが削除できないんですよね。「使用中なので削除できません」と出るんですけど、何に使ってるというのでしょうか…。
これが、ちょっと謎。


さて、ここ数年、秋葉原からいなくなってしまったお店を思い出してみる(順不同)。
理由は様々。全部が倒産というわけではなく、数店舗あるうちのいくつかを閉鎖したり、業種転換したり、秋葉原からはいなくなったけど通販専業など販売形態を変えたりするお店も多い。自分の巡回ルートからなくなった、程度に考えて欲しい。

・俺コン
・OVERTOP
・パソコンCity
・パソコン工房(Faith、Twotopなどと巨大グループ化)
・コムサテライト
・ワンネス
・PC-SUCCESS
・USER'S SIDE
・高速電脳
・スリートップ
・スリーベル
・ラオックス ザ・コンピュータ館
・九十九電機
・BLESS

懐かしいなぁ。
俺コンは、ばんちゃんと一緒に行ったのが思い出される。
パソコン工房は、パーツについて質問して嘘をつかれた。それもあって、ユニットコム系のショップには、まだ不信感を持っている。
USER'S SIDEは、コンセプトからして、余り縁がなかった。
スリートップは、小さなお店だったけど、結構利用していたので悲しい。
PC-SUCCESSは、まぁ、倒れ方がちょっと計画倒産っぽく問題ある感じで、通販普及期にあって、インパクトが大きかった。

それにしても、けっこうな数が消えてしまったなぁ。
ツクモのように、民事再生でスポンサーがついて立て直したところもあるけれど、雰囲気は、なんとなくヤマダ電機っぽくなってしまった。
ザ・コンの本体であるラオックスは、中国系企業の資本下に入ったけど、迷走している感じだ。
これ以外にも、昔は余り行かなかった、小さなジャンク系のお店などは、もっと消えたり入れ替わっているだろう。

時代の大きな流れとしては、パソコンの自作というのは、もはやメリットを失いつつあり、「作る」という行為に意味が見いだせない人には、興味が持てない極マイナーなジャンルとなっているのだろう。
個人的には、ノートパソコンの性能の底上げと価格下落も大きな理由ではないかと思う。
かつてのノートパソコンは余りに非力で画面も小さく、パソコンはデスクトップでなければならない、という人も多かった。
しかし、今時のノートパソコンはかなり強力で、音楽も聴けるし、動画を編集したり、地デジも見られる。デスクトップでなければ…というケースも減りつつあり、売上げに占めるノートの比率は高まり続けている。
また、海外メーカー製を筆頭に、デスクトップ製品の価格下落は激しすぎ、わざわざ、自作してもコストがあまり変わらない。大雑把に言うと、わざわざデスクトップパソコンを求める理由がなくなりつつあるのだろう。

それでも、僕は、部品交換や改造も面白いと思うし、アレを代えたらこうなるだろうか、ここを交換したらどうなるんだろう、という妄想そのものが面白い。
多少パソコンが壊れても、故障箇所を探し出し、自分で直せる、というDIY感覚も、また楽しい。

近年は、価格比較サイトの登場で、1円でも安い店を歩いて探す、足で稼ぐ、という、力業的な買い物の醍醐味というか、達成感を奪われてしまった感はあるが、その分、買い物が楽になったのも事実。
それでも、まれな特価品、タイムセールに出会えたときの喜びは大きい。
なんとかして、今あるお店には、いつまでも頑張って欲しいところだ。


-----

ところで、2016年のオリンピックの開催地がリオ・デジャネイロに決まったわけだが、そのプロセスには色々驚いた。

いや、ホント、ずいぶん、あっさりと結果が発表されて、拍子抜けした。
「投票が始まりました」という2,3分後には、普通に「シカゴが最下位なので次のラウンドには進めません」って。
なんと、オバマ大統領が来たぜ!とか、シカゴが追い上げてる!とか、リオに肩を並べたぜ!という下馬評って、何なんだ、って。直前までのニュースでは、半分、シカゴに決まったような雰囲気だったのに。

また、第二回目の投票も、知らない間に始まってて、まだ、第1回投票でシカゴが負けたという動揺が収まらないうちに、「東京が落選です」とボソッと発表された。

え、もう終わり?という感じだった。


この、東京へのオリンピック招致については、既に色々な人が書かれているけど、正直、都民で本気でオリンピックが来て欲しいと思ってた人は、そんなに多くなかったと思う。少なくとも、僕の周りは皆無。
都に何らかの関係のある人は、色々とPRを義務づけれらていたようだけど、本心はまた別、というところのようで。
「東京に来たら面白いかも」「ホントにやるんだったら見に行きたい」という人は少なくないし、見方によっては、肯定していると言えるかもしれないが、それは、積極的な支持者とは言わないだろう。


石原慎太郎が、オリンピック誘致をぶちあげた理由は、怪しい理由からもっともらしいものまで、巷間色々言われているが、実際のところはどうなのか。まぁ、どれも、当たらずとも遠からず、というところなのかもしれい。
なんにせよ、地方自治体の首長がぶちあげてしまったのだから、下につく副知事の猪瀬某はじめ、都職員は色々と後付で理由をつけざるを得まい。
そして、エコなオリンピックという、結果的にタイムリーな趣向を思いついたのだと思うのだけど、建設に使われる重機やダンプの運用、建材の製造過程のエコ指数は相当悪そうだ。
開催されたら、その運営は「他と比べたら」エコなのかもしれないけど、開催しなかった場合とどれほど環境負荷が異なるのか、また、大会の前後の全てがうまくいくとも思えない。
余談だが、小金井市なんて、自前の焼却炉が無くて、ゴミの処分に困ってるのに、エコロジーなオリンピックどころじゃないだろう。

「開催するとしたらエコなものをやるべきだ」というのはわかるけど、やっぱり、東京でなければならない必然性は低い。
エコがイイなら、他国に決まったら、協力してあげればいい話で、その程度のレベルの理由付けでは、本気で開催したいと思ってる国と肩を並べるのは、厳しかったんだと思う。
聞けば、石原慎太郎も機中で支援に感動して泣いたそうだが、勝ってうれし泣きしたという、ブラジルの大統領の涙の方が、オリンピックへの思いの純度が高そうだ。

歴史的に、これまでのオリンピックでも、確かに十分裕福な国でも行われてきたから、それが第一義ではないけれど、これから発展を目指す国の夢であり、目標であり、そして、インフラ整備という現実的なプラニング、経済振興の役割を果たしてきた例も多かったのも事実。このことを考えると、南米での初の開催には、それなりの理由があったというべきだろう。
仮に、もし、日本でやるにしても、もっと地方都市で良かったんじゃ無かろうか。
多摩テックのあたりとか。


あ、東京都か、アレは。


まぁ、今回の結果はしょうがない。ホントに望むなら、機をを見て、また挑戦すればいいでしょう。
とりえあずは、帰ってきた石原慎太郎への求釈明が必須だろうね。


以上、ごく普通に締めくくってみた。正直、あんまり興味なかったので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

諸々の続報

実は、初代ファミコンも持ってるんだ。

じゃあ、互換機を買う必要なんか無いじゃない、と思われそうだが、そう簡単な話ではない。
初代のファミコンは、テレビに接続するのに、今時のゲーム機みたいな3色のコンポジット・ケーブルではなくて、同軸ケーブルを使ったRF接続だったのですよ。
簡単に言うと、テレビのアンテナ線に接続する形式でした。
テレビの後ろに回って、アンテナに接続するのも面倒なんですよね。


でも、スーパーゲーム亡き後、手元に残ったファミコンゲームをやるために、あえて、引っ張り出しました。
久しぶりに開けたファミコンの箱は、かび臭かったです。

そして、同軸ケーブルに、アキバのショップで100円で買ってきた、アンテナプラグをつないで、テレビに接続してみました。
これで、再度、ドラクエに挑戦だ!


と思ったけど、映りませんでした。

そうなんだよね。確か、僕のファミコンは、どこかが壊れてしまったんだ。
だから、眠ったままだったんだよね。
うん、今、思い出した。

 壊れちまったファミコンに
 いたいたしくも怖気づき
 壊れちまったファミコンに
 なすところもなく日は暮れる

僕のファミコン挑戦記、投了。

-----

上の話とは、全然関係ないけど、手持ちのThinkPad X61sに、Windows 7 RC版を入れてみた。

デスクトップの方では、Windows 7は既に使っていて、ビスタより使い勝手が良いことは確認してました。
なかなかに快適なできばえで、これなら、XPから(Vistaはスキップして)乗り換えてもイイかな、と思ってました。

ところで、X61sは、ThinkPadシリーズ最後のスクエア画面のモバイル機で、X61の軽量版、という位置づけです。
だけど、軽量と言うには、微妙な重量で、1,3kgぐらいあるんじゃなかったかな。
でも、重い分だけバッテリーが大きいかというとそうでもなく、2時間くらいしか持たない。
じゃあ、馬力があるかというと、Core 2 Duo の低電圧版1.4GHzという、きわめて中途半端なポジション。
おまけに、ThinkPad独自機能が満載で、スタートアップのサービスがてんこ盛り。
おかげで、立ち上がりに、えらく時間がかかる。

それがイヤで、ハードディスクをさくっと交換して、Windows 7を入れてみた。
コレで調子が良ければ、発売と同時にDSP版を買ってきて、正式運用しようかと思った。

まず、インストールしてみると、ほぼ全ての機能は、ドライバが当たった。
VGA、サウンド、無線LANもオッケー。LAN周りに特に気を遣わなくて良いのは助かる。
おそらく、指紋認証も使えると思うのだが、ユーティリティーソフトがないので、起動時には立ち上がらない。

で、とりあえず電源オンで、使える状態になるのに、1分20秒くらいかな。
まぁ、許容範囲。前のXP Professionalの時は、読み込むサービスが多すぎて時間がかかり、イライラしたが、それはなくなった。
それだけでも、入れた価値がある。

で、デスクトップにβ版を入れたときに手間取った、Flash Playerの方も、普通に使えた。
デフォルトでは、Outlook ExpressもWindows Mailも無いが、Thunderbirdは問題なく使える。
その他、フリーソフトでは、Firefolx、Opera、ChromeもOK。iTunesも使える。Adobe Readerも、Ccleanerも使えた。
Vistaで使えるものは、ほとんど問題なさそうだ。

ただ、全く問題なしでもない。
Panasonicのデジカメ、TZ7とFT1に附属していた、PHOTOfunSTUDIO 3.0 HD Editionは、なぜか、取込先のフォルダを変更しようとすると、異常終了するので、使えない。
ACDSee Photo Manager 9も、時折エラーをはき出す。
あとは、Power DVD、Neroの古いバージョンでは、「既知のトラブルがあります」みたいな表示が出る。
まぁ、代えのきくソフトは、あきらめて、他のものを選ぼう。

あと、驚いたのが、SDHCの読み込みが、バージョンアップされていたことだ。
XPでは、更新ドライバを当てても、8GBまでしか認識されなかったのに、今回、Windows 7にしたら、16GBも読めるようになっていた。コレは助かる。カードリーダーを別に持ち歩く必要が無くなった。

無線LANも、今までは、ぶつぶつ切れていたのだけれど、それもなくなった。
親機の調子が悪いのかなとも思ったのだけど、内蔵無線LANカードのドライバが悪かったのか。
おかげで、ネット環境は良くなった。
また、バッテリーも気付いたら、持続時間が延びていた。
省エネモードが最適化されたのかもしれない。

そんなわけで、Windows 7を取り入れた新しいX61sは、だいぶ使いやすいマシンに生まれ変わった。
これなら、とりあえず、今度のWindows 7発売日に買ってみたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »