« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »

ドラクエ・フィーバー その顛末

前回までのあらすじ

世の中のドラクエブームに遅れまいとして、ドラクエⅠとⅣを買ってきたGigio。
ついでに買ってきたゼビウスに熱中したり、ファミスタを始めたり、まぁ、何か、色々やってるうちに、満足してきてしまったのだった。
しかし、そんな、ぬるい気分を吹き飛ばす事件が起きる。それは…


Sp1010174

早くも壊れた、スーパーゲーム。
十字キーが折れました。

一応、コントローラーは2個あって、コネクタを差し替えれば両方使えるんだけど、もう片方は、すでに上方向が死んでるんだよね。
で、もう1個も、完全に根本からパッドが折れてしまったので、おじゃん。
つまり、もう、僕は、スーパーゲームで遊ぶことは出来ないんだ。

ここまで早かったな。
正直、長くはないと思ったけど、1週間もたなかった。
でも、久々に、ファミコンのゲームを楽しめたよ。
夢をありがとう!スーパーゲーム!


って、そんな簡単に許せるかいな。
いくら安いって言ったって、もう少し甲斐性を見せて欲しいところだ。
メーカーに文句言ってやろうか。
パッケージに「不良品は、同等品と交換する」って書いてあるし。

んー、いや、まぁ、でも、正直、同等品が送られてきても困るな。
もうちょっと良い奴が送られてくるなら考えるけど、こいつの同等品じゃ、何度も同じ目に遭いそうだ。
うん、今回はあきらめるよ。

今度は、もうちょっとお金を出して、もう少しマシなファミコン互換機を手に入れてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »