« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

ドラクエ購入!

どうしても、はやる気持ちを抑えきれずに、買ってしまいました。ドラクエを。

Sp1010177

買ったのは、今、話題のドラゴンクエストⅨのルーツとなる、「ドラクエ」(第1作目)と、「ドラクエⅣ 導かれし者たち」の2本。太っ腹です。

やっぱりね、アラフォー世代といえど、ニュースには敏感じゃなくちゃ。
最近の若い衆が興味持ってることを知り、なおかつ、その歴史を深く掘り下げる。
それが、ナイスミドル級世界王座への第一歩ですよ。

ということで、やってみた。

ドラクエⅠの方は、なんと350円もした。
危うく、コレ1本で、本体価格を超えるところだったが、初代だからね。プレミアもつくだろう。

それに比べると、ドラクエⅣは、200円とお買い得だった。
だが、既に、この2本で、「スーパーゲーム」本体価格を軽く50円ほど超えている。

「ゲーム機は、本体は赤字でも、ソフトで稼ぐ。」

誰かが、そんなことを言っていた気がする。
まぁ、今回のケースでは、任天堂には1円も入ってないが、誰かが儲かっているのだろう。

ドラクエⅠをやってみる。

明らかに挙動がおかしい。
音楽が、スムーズに流れない。「タンタ…タ…タタター…タンタ…」と、素人が、つっかえつっかえ弾くピアノのようだ。
変なビープ音も時折混じる。

不安を感じて、ドラクエⅣにチェンジ。
Sp1010160

こちらはスムーズに始まった。

ところで、ドラクエⅣって、あの、ひらがなの羅列による「復活の呪文」がないんですね。
普通に、セーブできるようだ。
ということで、前の持ち主のデータをそのまま使ってみた。

Sp1010161

あははは、強い強い。片っ端から一撃で相手が倒せる。
やっぱり、ゲームはボタン一つで、相手が倒せるのが良い。

一通り、どこかの城の周りをぐるぐる回って、ドラクエの世界を満喫した。
だいぶ満足だ。
まぁ、コレで、僕のドラクエ・エクスペリエンスは、だいぶ引き上げられただろう。
ぼちぼち、竜王も紙一重で倒せる位の経験は積んだと思う。

ということで、もう1本、おまけに買ってきたソフトを紹介しよう。
それが、ゼビウス。

Sp1010159

これは、ファミコンではほとんどやらなかったけど、ゲームセンターでは、ずいぶん投資した。
ゲームに利回りがついていれば、今頃、僕も、ジョージ・ソロスやウォーレン・バフェットくらいの富を築くことができたかもしれない。

しかし、投資額が大きかったというのは、上手くなかったということだ。
すぐゲームオーバーになるので、勢い、何度もコインを投入せざるを得なかった。
まぁ、とにかくシューティングゲームは下手くそだった。

ところで、僕のパソコン・ヒストリーは、PC-8801に始まる。
その時、このゼビウスを模した、「アルフォス」というゲームが、ENIXから出た。

いやぁ、燃えましたね。ゼビウスじゃないけど、ゼビウスっぽいのが、自分のパソコンで出来る、という興奮。衝撃的でした。
余り記憶が定かでないのだけど、確か、ナムコからライセンスかどうかわからないけど、認められての「移植版」という扱いだった気がします。
あと、PC-6001か6601だったか、「タイニー・ゼビウス」ってのもあったね。

余談が過ぎましたが、久々にファミコン版をやってみたが、やっぱりへたくそだった。
なんか、あの四角い親玉みたいな奴は倒せたけど、その後の、海のステージをクリアできない。
残念ながら、人生には、越えられない壁というものがあるのだな、と身にしみた。

だが、本当の問題は、僕が、「ゲームが下手くそ」と言うことではなかったんだ。
その時、まだ、僕は、本当の危機を知らない、青二才だったということを思い知らされたのだ。


次回に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・くるり ライブハウス武道館

あれから、色々な人のブログを見て、演奏した曲を調べてみたのですが、スッポリと記憶の抜けている部分がある。

屏風浦なんてやったかなぁ。
全然記憶にない。部分的記憶喪失。
マーチの前らしいので、そちらに記憶が奪われてるのかもしれないけど。

何にせよ、楽しかった。
ダブルアンコールを含めて、22曲を歌いきるって、凄いな。自分だったら、立ってられないだろう。
できたら、くるりワンマンライブツアー2009~とろみを感じる生き方~の、11月の中野サンプラザにも行きたいけど、チケット厳しいだろうなぁ。


あと、冷静に考えると、自分より上の年齢層の観客って、ほとんどいなかった。
10代もほとんどいなかったと思う。
なんというか、ああいう、通常の感覚の斜め上を行くような曲を書く人には、それなりのファンがついているのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラクエⅨ

誰かが待ちに待ったというドラクエⅨが発売となった。
お店によっては、朝7時から発売するなど、気合いが入っていた模様。
ニュースにでも取り扱われるなど、さすがはドラクエ、というところ。

もう完売なんだろうなぁ、と思いつつ、午後のおやつ時にヨドバシカメラに行ってみたが、意外や意外、まだ売っていた。
その他にも、電気街では、ソフマップでも、小さなゲームショップでも買おうと思えば買えそうな感じ。
定価で良ければ、コンビニでも買えるようだ。
予約で100万本、総計で500万本をねらえるという、ビッグタイトルの割には、意外と普通な販売状況だった。


ところで、僕のドラクエ経験は、ファミコン止まり。
1は確実にやった。2も、たぶんやったと思う。でも、3になると、テレビや雑誌で見た記憶が自分の偽記憶となってる気もする。
今から、ドラクエになじむのは、ちょっとしんどそう。

そんなとき、「そういや、家にファミコンのドラクエがあったな」と思い出した。
とりあえず、それをやろう。


ということで、ファミコン互換機を買ってきた。
Sp1010057_2
なんだよ、Sスーパーゲームって。Sはロゴか。当然、メーカー名も知らない。
正式には、「スーパーゲーム FC互換ゲーム機 懐かしのあの名作をもう一度!!」と書いてある。
本体の色もファミコンっぽくないし、コントローラーも、どちらかといえばプレステだ。
ちなみに、「対象年齢6歳以上」とも書いてある。

でも、まぁ、とにかく安い。
ファミコン互換機は、安くても千数百円前後なんだけど、これ、週末特価で500円。
そんなのありか?という値段。

まぁ、これなら、仮に動かなくても、懐はあんまり痛まない。
気軽に買ってみた。


ところが。

Sp1010068
どうしようもなく、本体がしょぼい。
バリがとれてなかったり、使う前から汚れている。
Sp1010069

まぁ、でも500円だから。

気を取り直して、ファミコンのカセットを引っ張り出してみる。
Sp1010064_2

ドラクエがない。

あったのは、ファミスタ89(開幕版)、ギャラガ、沙羅曼陀、ファミコンウォーズ、ファミリーテニス、ファイナルラップ、熱血高校くにお君ドッジボール部、ガチャポン戦士2カプセル戦記、エグゼドエグゼス、ウルティマ~聖者への道~。
おかしいな、比較的よく遊んだ、スパルタンXやイーアルカンフーも無い。

まぁ、無いものは仕方ない。
無から有は生み出せないのだ。
本来の目的は果たせないが、とりあえず、遊んでみよう。


と思ったのだが、最初の難関。
カセットが入らないんですが。

いやね、超安っぽいスロットが基盤に乗ってるのは見えるんだけど、そこにカセットを差したくても、基盤がずれてて、カセットの片方が本体に引っかかってしまい、入らない。


まぁ、500円ですから。


という、懐の深い気持ちは、既にどこかに行って、ちょっとムカッと来ている。
強引に、パワーで押し込んでみるが、逆にカセットが壊れそう。
500円のために、思い出の品を壊すのも心苦しい。

困ったなぁ…と思いつつも、もう一度パワーで押し込んでみたら、ガリッ!という音とともに、入った。
というか、入っちゃった。
大丈夫か?カセットは。

まぁ、入っちゃったものは仕方ないので、とりあえず、電源を入れてみる。

ところが、音は出るのだけど、画像が出ない。
おかしいな。

グイグイッと、ケーブルを強くねじ込んだら、なんか、グニャッという手応え。
あ…。

なんか壊しちゃったかな?と、おそるおそる電源を入れたが、相変わらず、音は出るけど、映像は出ない。
もうだめかな、と、しょんぼりしながら、プラグをぐりぐりと回してみたら、不意に映像が出た。

やたっ!
Sp1010074
沙羅曼陀が映りました。
すぐやられました。

Sp1010076
つぎに、ファミスタ89をやってみた。

Sp1010077
思い出したけど、このバージョンのファミスタ、面白くないと、もっぱらの評判でした。


次に、ギャラガをやってみた。
久しぶりだったけど、ハイスコアが出て、心底嬉しい。
Sp1010079


うん、なんか、もうゲームを始めるまでに色々経験して、500円分は回収した気分だ。
ドラクエはなかったけど、まぁ、元々そんなにやりたかった訳じゃないから、いいでしょう。

あとは、スペランカーとかやってみたいけど、あれ、中古市場で数千円するんだよね。
そんな、本体の十倍も出すなら、Wiiでダウンロードした方が良い。


ちなみに、このスーパーゲーム、カセットを抜くときに、イジェクト機能はありません。
力で引き抜きます。ハッキリ言って、心臓に悪い。

たぶん、いつか、基盤ごと抜き出しちゃうんだろうな、と思う。
ある以下、カセットが壊れるか、そのどちらかだ。
いずれにしろ、長くは遊べないと思うけど、壊れるその日まで、テレビに差しておきたいと思う。

※追記

早くも、コントローラーが壊れました…。
十時キーの上が死んでしまいました。
華奢な作りだとは思ったけど、1日もたないとは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くるり ライブハウス武道館

「7時から、九段下で次の仕事があるんで…」と無茶なことを言って駆けつけた。

P1010048_2


良かった。

ギター・ベース・ドラムだけの3ピース。(時折サポートはあったけど)
シンプルだけど力強い。
それは、間違いなくロックだった。

特に思い入れがあったわけではないけど、「マーチ」を聴いたら、涙が出そうになった。
「魂のゆくえ」も、愛がこめられてました。


…なんて、音楽のことはよくわからないのに、知ったかぶるのはやめておきます。
中期のファンには物足りないかもしれないけど、初期からのファンは、心底楽しめたのではないでしょうか。
初めての人も、途中、メガネが飛んだり、ずれたり、蚊に刺されたり、「ぎりぎりの~らりるれろ~」で笑ったり、楽しめたと思います。
いや、ホントに良かった。

ちなみに、スーツにネクタイ姿は、僕以外はほぼ係員、という状態でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三沢はホントに凄いな

ゆりかもめ(お台場の方を通るモノレール)の3駅分以上の行列だよ。
正直、今の日本で、ここまで惜しまれる人は、そんなにいないだろう。

でも、残念だけど、今後のプロレス界は、三沢の魂を安らかに眠らせることができるほど安泰ではないだろう。
統一コミッションとかライセンスとか、そんなことを言い出すには、プロレスは、その有り様の幅を広げすぎたと思う。

-----

スティール・ボール・ランの18巻を買ったんだけど、隣に、ワンピースの54巻も平積みされていたので、一緒に買ってしまった。

買ってしまったけど、これ、もう持ってることに、読んで気づいた。
奥付を見たら、発行は6月9日だった。1ヶ月前じゃん…。

思うに、マンガの単行本は、表紙に内容を記すか、発売日を明記して欲しい。
同じマンガを二度買う悲劇はもう繰り返したくない。

過去の悲劇
海皇記
餓狼伝
さよなら絶望先生

ほとんどの巻で、主人公が単独で表紙になってるマンガほどリスクが高まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーヒー

今日は、気付いたら、1杯もコーヒーを飲まなかった。
缶コーヒーも、インスタントコーヒーも、一切口にしなかった。
ああ、僕の人生にも、そんな日があるんだなぁ、と感慨にふける。

思えば、行く先々、お客様のところで出されるコーヒー、待ち合わせた喫茶店で頼んだコーヒー、電車待ちの暇つぶしについつい飲んだ缶コーヒー、あわせて12杯を飲んだ日もあった。
特に、嫌いじゃないから、出されると水代わりに飲んでしまうし、たばこを吸わないので、時間をもてあますと、缶コーヒーを開けてしまう。
いや、あのときは、次の日まで、おしっこがコーヒーくさかったものだ。
男のおしっこって奴は、コーヒーの色は消えても、芳ばしい豆の香りは漂うものなんだよ、お嬢さん。

今日は、そんなコーヒー漬けの毎日から解放された安息の一日として、ここに記念の書込を残す。


コーヒー好きなんですけど、まぁ、この歳になると、なんでも飲み過ぎは良くないな、って最近思う。
でも、これはよい。飲み干したい衝動に駆られる。
それは、ビックルの500mlボトル
出したサントリーには、最大級の賛辞を送りたいと思う。

次は、居酒屋のジョッキで飲めるようにして欲しい。
ホント、サワーとかじゃなく、ただ、ジョッキ一杯のビックルが飲みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メモ書き

電車の中の向かい側に座った人が、誰かに似てるな、と思ったら、偉大なる将軍様の長男だった。
針で刺したら、パンッ!とはじけそうな、立派なお腹と、見事な二重あご&無精ひげだった。
人違い暗殺に気をつけて欲しいと思った。

その隣に座っていた、うら若き女性は、真っ赤なノースリーブに、幅15センチくらいの黒いベルトをしていた。
重量挙げの選手のようだった。
頑張れっ!と、心の中で応援した。

また、iPodのイヤホンを二人で片方ずつシェアしているカップルがいた。
片方が、ベースの音しか聞こえてなかったら面白いな、と思った。

ハードディスクの調子が悪いので、バックアップを取ったのだが、なかなかファイルのコピーが終わらなかった。
コピー中に表示される「残り時間」は、通常の現実世界における時間とは異なり、「マイクロソフト時間」として定義すべきだと思った。
1マイクロソフト秒は、現実空間における時間で、0~∞秒の間を可変的に伸縮する。
例:「残り10秒」と表示されてから、終わるまで数分かかる。
また、マイクロソフト時間は、直線的に進むだけではなく、後退もする。
例:「残り10分」と表示された直後に、「残り15分」と増加する。
端的に言うと、マイクロソフト時間は、嘘をつく。

7月9日のくるりのライブに向けて、改めて「魂のゆくえ」聴き直している。
「あ、そういえば…」と思って、アルバムに封入されていた「謎の板」を使おうと思ったら、どこかへ行ってしまった。
魂より先に、謎の板の行方を捜すはめになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »