« モニタ購入 | トップページ | メモ書き »

幕張メッセ

誘われて、幕張メッセの展示会を見てきた。

まぁ、幕張と言うところは、何度行っても、遠い。

むろん、年月が経ったところで、物理的な地理関係が変わるわけもなく、輸送スピードが上がっても、動く距離は同じなわけだ。
例えば、時代が変わり、新幹線が高速化し、飛行機が使えるようになっても、移動時間が短くなるだけだ。
実際に移動する距離は、決して変わらない。
コレが例えば、どこでもドアのように、物理的な距離を縮めるのであれば話は別だが、そういう訳にもいかない。
移動時間が短くなると、しばしば「楽になったね」と言われることも多いが、でも、やっぱり全く疲れないと言うことはないだろう。

よくわからないが、人の体というのは、時間よりも距離を感じ取るのではなかろうか。
どんなに早く移動しても、移動した距離の分だけ疲れる、何らかの原理・仕組みがあるような気がする。
何で、どうやって感じるのかはわからないけれど、たぶん、きっとそうだ。

なお、それは、お前が歳をとったからだ、などという陰口は受け付けない。
-----

その幕張遠征前に、腹が減ったので、某所で立ち食いそばを食べる。

世の中には、色々と美味い物、不味い物があるが、食べててイヤになるのは、「味がしない」食べ物だ。
今までに、何度か、そういう食べ物に出会ったことがある。
秋葉原某所のラーメン、某大学の学食の味噌汁など。
何かを口にしているのだが、味がしないと、食事をしているという意識が薄らぐ。ある種の罰ゲーム的な、「苦行」の一つとなるのが、「味がしない食べ物を食べる」という行為だ。


今日の、たぬきそばも、その類だった。
しょっぱくもなく、甘くもなく、風味もなく、ただ、ぬるっとした物体を口にする気持ちがおわかりだろうか。

つゆには色もついてるし、何も入れてないわけではないのだろうが、少なくともそばを食べている気はしない。
できの悪いバーチャル体験をしているような感覚。

一般に、味覚には、「塩味」「酸味」「甘味」「苦味」「旨味」があると言われるが、そのいずれとも違う、第六の味覚、「無味」。
作っているのが、奇才か鬼才か、はたまた、希代の天才か、どなたかは存じませんが、あなたの料理は、一つのブレークスルーを体現していますよ。

しかし、新しい才能が認められるまでには、時間がかかるもの。
ゴッホですら、認められたのは死後だと聞く。第六の味覚が認められるのも、まだまだ先のことかもしれない。
どうか、世に認められるその日まで、頑張って下さい。

とりあえず、僕は二度と行かないけど、認められたときには、ふてくされて拍手したいと思う。

|

« モニタ購入 | トップページ | メモ書き »

コメント

お久しぶりです ´ω`)ノドモ 
お元気そうですね。
いつも旦那がお世話になっております。

久しぶりに覗かせてもらいましたが、相変わらず楽しい切り口で、いいですね(*^_^*)

たまに私も、味のしない食べ物?!、飲み物に出会いますが、作り手はやはり天性の味音痴か?!と思われます。
大体、人の味覚は3歳ぐらいで大体決まってくるらしいですから、残念な3年だったんでしょうね。

投稿: 脂はむ 妻 | 2009/06/22 22:46

またコメントに気付かず、失礼しました。
このところ、あんまり、元気ではないです。調子悪いです。

味音痴が3歳までに決まるとしたら、けっこう厳しいですね。
3歳くらいだと、「まだ、味はわからないだろう」って、手を抜くママも多そう。
しかし、店を開く前に、味がおかしいことくらい気付いて欲しいし、誰かに指摘され無かったのか不思議です。

投稿: Gigio | 2009/07/05 02:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49335/45313731

この記事へのトラックバック一覧です: 幕張メッセ:

« モニタ購入 | トップページ | メモ書き »