« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

幕張メッセ

誘われて、幕張メッセの展示会を見てきた。

まぁ、幕張と言うところは、何度行っても、遠い。

むろん、年月が経ったところで、物理的な地理関係が変わるわけもなく、輸送スピードが上がっても、動く距離は同じなわけだ。
例えば、時代が変わり、新幹線が高速化し、飛行機が使えるようになっても、移動時間が短くなるだけだ。
実際に移動する距離は、決して変わらない。
コレが例えば、どこでもドアのように、物理的な距離を縮めるのであれば話は別だが、そういう訳にもいかない。
移動時間が短くなると、しばしば「楽になったね」と言われることも多いが、でも、やっぱり全く疲れないと言うことはないだろう。

よくわからないが、人の体というのは、時間よりも距離を感じ取るのではなかろうか。
どんなに早く移動しても、移動した距離の分だけ疲れる、何らかの原理・仕組みがあるような気がする。
何で、どうやって感じるのかはわからないけれど、たぶん、きっとそうだ。

なお、それは、お前が歳をとったからだ、などという陰口は受け付けない。
-----

その幕張遠征前に、腹が減ったので、某所で立ち食いそばを食べる。

世の中には、色々と美味い物、不味い物があるが、食べててイヤになるのは、「味がしない」食べ物だ。
今までに、何度か、そういう食べ物に出会ったことがある。
秋葉原某所のラーメン、某大学の学食の味噌汁など。
何かを口にしているのだが、味がしないと、食事をしているという意識が薄らぐ。ある種の罰ゲーム的な、「苦行」の一つとなるのが、「味がしない食べ物を食べる」という行為だ。


今日の、たぬきそばも、その類だった。
しょっぱくもなく、甘くもなく、風味もなく、ただ、ぬるっとした物体を口にする気持ちがおわかりだろうか。

つゆには色もついてるし、何も入れてないわけではないのだろうが、少なくともそばを食べている気はしない。
できの悪いバーチャル体験をしているような感覚。

一般に、味覚には、「塩味」「酸味」「甘味」「苦味」「旨味」があると言われるが、そのいずれとも違う、第六の味覚、「無味」。
作っているのが、奇才か鬼才か、はたまた、希代の天才か、どなたかは存じませんが、あなたの料理は、一つのブレークスルーを体現していますよ。

しかし、新しい才能が認められるまでには、時間がかかるもの。
ゴッホですら、認められたのは死後だと聞く。第六の味覚が認められるのも、まだまだ先のことかもしれない。
どうか、世に認められるその日まで、頑張って下さい。

とりあえず、僕は二度と行かないけど、認められたときには、ふてくされて拍手したいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モニタ購入

ずっと使ってきた、仕事用の液晶モニタの調子が悪いので買い換えた。
理由はよくわからないのだけど、起動時に、左5分の1くらいにが暗くなってしまい、全体的にノイズが乗るようになってしまった。一度、モニタの電源を落として、再度つけると普通に戻るのだけど、さすがに丸5年くらいフル稼働してもらったので、くたびれていたのかもしれない。

さて、今回17インチから、フルHDの21.5インチに買い換えたのだけど、横が広すぎて、違和感ありまくり。
いやぁ、慣れるまで、しばらく、時間かかりそうです。

買ったのは、グリーンハウスのGH-ACJ223SHB
まぁ、機種的には古いし、マイナーな選択肢だとは思うのだけど、安かったので(16,800円)。

いや、実は、他にも、もっと安い物はあったのだけど(15,000円割れ商品とか)、いくつかポイントがありまして。
・スピーカー内蔵
・ベゼルがつや消しでビジネスモデルっぽい
・適度なコントラスト比と応答速度
・HDMIも使える
といったところ。

実際のところ、パネルの性能は、この最安値クラスの製品は、供給元もほとんど同じで、どこの製品も大差がないようだ。
ぶっちゃけ、視野角はかなり狭いし(特に上下)、使い道は限定されるけど、仕事なら正面以外から見ないし。
ということで、好みの問題で、適当に選んでみた。

HDMIは、特に欲しい機能ではないけど、使えるに越したことはないかなと思ったけど、自分の使っているGeForce8400GSのグラボは、HDMI端子がなかったのは、ここだけの内緒だ。
スピーカーは、音質はどうでも良くて、単にスピーカー設置場所が惜しいという理由。こちらも、無いよりあった方が良いという程度で。

幸いにしてドット抜けもなく、リプレイスしても落ち着いた雰囲気で良かった。
ただ、輝度が高すぎるので、50%くらいに落としたのだけど、どうも気に入った色にならない。
色々設定をいじったけど、まだしっくり来ない。全体に薄味な感じがする。

そういう意味では、当初買う予定だった、LGのW2253V-PFの方が、引き締まって見えるんだけど、カタログ上、高すぎるほどのコントラスト比は、白飛びも激しい気がしたし、ツヤツヤと派手なベゼルも気に入らなかったので…。
でも、改めて、こっちも買ってしまうかも(自宅用に)。

あと、カタログ上、消費電力が高め(55W)なのも気になるところ。
LG(最大で40W)のと比べると、最大値で15Wも違う。
輝度を落としているとはいえ、常用値で10Wも違っていたら、毎日使えば、けっこうな差が出そう。

そういう意味でも、この買い物は、あまり賢い買い物ではなかったのかもしれない。
否、「安物買いの銭失い」を自負する以上、ある程度安く買って、後悔するくらいがちょうど良いのだ。

でも、そんなことをいちいち自負しなければ、もう少し良い買い物も出来るのかなぁ…と、心の片隅に小さな疑問を感じながら、ブログ更新してみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の買い物など

最近の買い物などをメモ代わりにアップ。

Sca370133_2

秋葉原のU&JMac'sで買ったゲームパッド。ロジテック(ロジクール)社製PRECISION PRCSN GMP。
USB接続で、ベーシックな機能のモデルと思われる。

「思われる」というのは、まだ暇がなくて実際に使ってないのと、箱書きの説明書を読んでもよくわからないからだ。

Sca370135_2

何語で書かれてるのかすら、よくわからん。

ちなみに、525円でした。普通に買えば、980円くらいのクラスではなかろうか。
まぁ、古いゲームしかやらないので、このくらいのボタン数でも多すぎるくらい。

続いて、ユニットコムの何かの記念祭りだかで、安かったSDHCカード。

Sp1030022_2


返品不能とか色々書いてあるけど、中身は、EeePCの販促用に使われた、Transcendの16GBのSDHCカードと思われる。
これ、フォーマットしないで、そのままPCに差すと、ドライブ名がEeePCのドライブとして表示されるので面白い。
なお、シールをはがして、ふたを開けてみたが、以前買った、普及版のトラ製16GBとほぼ同じ物でした。

そういえば、その前に、ZOAで三菱化学社製のSDHC(Verbatim)の16GBのSDHCカードも買っていたのを忘れていた。
なんか、1月ほど前に値上がりが激しかったので、安いうちに買い足しておこう!という、打算のない前向きな心意気で、2980円で購入。
なぜ、安いうちに買わなければならないのか、という、購入の必然性のところまでは踏み込まないのが、無駄な買い物のコツだ!

その結果、我が家に揃った、16GBのSDHCカードの一群がコレだ。

Sp1030024_2


Transcendが2枚、PQI、CFD、Verbatim…。
まぁ、安物のSDHCがいっぱい並んで壮観ですが、合計80GB分も、そう簡単に使い切れないことは言うまでもありません。
さらに、8GBのA-DATA、2GBのCFD、アイオー製とシリコンパワー製の1GBも控えております。

ということで、撮影後、PCに転送してからも、消さないで、そのままアーカイブとして保存しようかなと思い始めてます。

ちなみに、メモリ関係の値段、下げ止まった感じですね。ぼちぼち3000円切りの商品も復活してきたようです。


次の大きな買い物は、調子の悪い、液晶モニタの買い換えと、いずれはPC全体を入れ替えたいtですね。

ま、それは、またの機会のお話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »