« ユザワヤのガンプラのディスプレイがあんまりな件 | トップページ | ニュースを拾ってみて »

デジタルフォトフレームとSDHCカード

父親の誕生日プレゼントに、デジタルフォトフレームを買ってみた。
SONYのDPF-V700という製品だが、買ってから調べたら、生産完了の旧世代の製品だったようだ。

本来、海外向け製品だったのか、パッケージもデフォルトの言語設定も英語だった。
日本語ももちろん選べるけれど、リモコンも英語表示(と図形表示)で、高齢な父親に贈るには、ややまずかったかな、と反省。
機能的にも、省エネ機能とかもないし、動画も再生できない。基本は、写真と時計機能(カレンダーも選べる)くらいのシンプルなものだ。
率直に言うと、この機能だけであれば、電気街では1万円以下でも十分買えてしまうのだが、自分のものならともかく、父親に贈るのをケチることもあるまい。

と、少しだけ大人ぶってみたが、ホントは、LGとかトランセンドでも良かったかな、とも思ってる。

実は、当初は富士フイルムのDP-70SHが、液晶がシャープ製で(といわれても、あんまりアドバンテージは感じないが)、見比べてみると、視野角も広く、確かに映りがきれいなのと、リモコンが日本語表示でわかりやすかったので、こちらを買う予定だった。
だが、とにかく動作がのろい。
画像表示を、リモコン操作で順送りにしていくとき、中に入ってるのはVistaですか?というくらい数テンポ遅れる感じで、また、画面真ん中に無粋な砂時計のマークが入るなど、どうも気に入らなかった。
一方、横に置いてあったソニー製の方は、比較的サクサクと動いてくれるため、こちらを選んだ次第。

ただし、ソニーのDPF-V700も、1000万画素クラスのJPEGをそのまま使えば、少しもたついた。ローディング中のマークが出るが、砂時計よりはマシな速度とデザインだ。
いずれにしろ、この小さなデジタルフォトフレームでは、デジタル一眼レフのようなデータはそのまま使うべきではなく、リサイズしてから使えと言うことなんだろう。


とりあえず、家族が写っている写真などを、数十GB分のデータから抽出して、表示できるようにしなければ。
そこで、とりあえず、SDHCカードを買ってきて、手持ちのデータを入れることとした。
最近のデジカメの画像データは、1枚あたり6~7MB程度もあり、ある程度余裕が欲しいと思い、4GB以上のSDHCを選択。

とりあえず、表示用に使うだけなので、スペックには特にこだわらず、一番安い物を選ぼうと思ったが、全然安く感じない。
というか、高ぇなぁ。

いやぁ、メモリーカードもここ2~3ヶ月くらいでけっこう値上がってしまった。
色々回って、一番安かったお店で、「Kingston」の4GB SDHC(Class4)を購入(580円)。
Kingstonは、東芝製チップを使ったものもあるらしいが、こいつはどうなんだろう。
まぁ、でも、デジタルフォトフレームに使うだけだから、転送スピードもClass4で問題ないか、と購入。

ということで、購入後、転送速度をに計ってみたのが、下記の通りです。


Kingston (4GB/Class4)
--------------------------------------------------
CrystalDiskMark 2.1 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
--------------------------------------------------

Sequential Read : 15.688 MB/s
Sequential Write : 5.153 MB/s
Random Read 512KB : 15.517 MB/s
Random Write 512KB : 1.545 MB/s
Random Read 4KB : 4.011 MB/s
Random Write 4KB : 0.022 MB/s

Test Size : 50 MB


さすがに、Class6製品とは、そこそこの差が出た感じです。
ただ、今回のような、デジタルフォトフレームのデータ用とか、コンパクト・デジカメで動画を撮らない人なら、実用上の問題は少ないのではなかろうか。

取り急ぎ、親の誕生日に間に合うようにするために、あわてて、選別しているけれど、どうも、4GBは使い切れそうにない。順を追って、増やしていくことにしよう。


なお、デジタルフォトフレームについてですが、予想以上に、なかなか良いものでした。
正直、いつも机の片隅に家族の写真を置いて見ているという人は、日本人には少ないと思いますが、カレンダーにも時計にもなるので、そっと置いておくのも悪くないですかね。
DPF-V700に限っていうと、若干、立てる角度が垂直気味なので、視野角の関係で、座る位置や高さによっては、見づらくなるかもしれない、ってのが問題かな。
あとは、充電池などでバッテリー駆動ができればいいのだけど、かなりの電気食いなので、ACアダプタは仕方ないところでしょうか。

|

« ユザワヤのガンプラのディスプレイがあんまりな件 | トップページ | ニュースを拾ってみて »

コメント

お父様へのお誕生日に「デジタルフォトフレーム」をプレゼントされたのですね。
とても、ご立派です。
私も見習いたいと思います。

投稿: 大和田 | 2009/04/19 20:47

ありがとうございます。
けっこう頑張ってみましたが、肝心の本人は、何の機械なのかわからず、「ふーん?」という反応でした。

しかし、いざ写真を表示してみると、「お、きれいだな。懐かしいね」と、喜んでいただけて何より。
「ハイカラな機械をありがとう」とメールが来ました。

今年81歳。まだまだ元気でいて欲しいものです。

投稿: Gigio | 2009/04/23 01:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49335/44674148

この記事へのトラックバック一覧です: デジタルフォトフレームとSDHCカード:

« ユザワヤのガンプラのディスプレイがあんまりな件 | トップページ | ニュースを拾ってみて »