« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

やっぱ、太ったよ。いや、太りすぎだよ。

省エネルックで良いじゃねーか。
http://www.asahi.com/politics/update/0531/005.html

まぁ、名前を変えて、夏向きの軽装が流行るのであればそれはそれでいいけれど、「クールビズ」って言い回しが受け入れられるかどうかは見物だ。

それより、「常識とセンスに任せる」とあって、閣僚の皆はセンスの方を心配しているが、より深刻そうなのは、常識の方じゃないかという気もする。

もっというと、常識とセンスは表裏一体、あるいは紙一重だったりするので、どちらの問題とは割り切れない場合があり得る。

 ・いつもあう度に同じシャツである
 ・スーツに白い靴下を履いている
 ・白いワイシャツの下に柄物のTシャツを着ている
 ・つんつるてんである
 ・一年中、夏服で通している

そして、これらをすべて兼ね備えた人がいるとすれば、その人は、ある意味、豪傑という属性に含めても良いかもしれない。
僕は、そんな男を一人だけ知っている。

まぁ、なんにせよ、閣僚が、あたふたするような話ではない。そんなところに気を遣う暇があったら、他に回しておけ。
-----

最近、トイレの洗面所が自動水栓のところが増えてきた。
まぁ、使う分だけしか水が出ないので水の使用量は減るし、コックをひねることもないので衛生的でもある。
そういう点から、自動水栓は、かなり利便性が高いといえるだろう。

しかし、これがくせ者で、手を差し出しても水が出ない場合がある。
多くの場合、センサーが備えられていて、ある位置に手を差し出すと水が出るという仕組みになってるわけだが、その「ある位置」がどこだかわかんないのである。

たとえば、とあるビルのトイレでは、蛇口にちょっと近づけただけで水が出る。
ところが、ある施設のトイレでは、洗面台の奥まで手を突っ込まないと、出てこない。
また、あるトイレでは、どこにセンサーがあるのかわからず、さらに、センサーの反応が鈍いときもある。
そんなときは、仕方ないので、センサーに引っかかる位置を探さねばならない。
だが、中腰のまま、石けんで泡だった手を合わせて、洗面台に向かって両手を突き出したり引っ込めたりする姿は、端から見て滑稽である。

僕は、そんな大人にはなりたくない。

なりたくないと思ったが、やってしまった。
しかも、出ない出ないと思ったら、掃除のおばさんに「故障だよ」と言われた。

最初から書いておいてくれよ。

仕方なく、隣の洗面台に移ろうとしたのだが、なんとも運の悪いことに、膝の間に鞄を挟んでいた。
いや、そんな、こんな格好で、動けねぇ、って。
それでも、なんとかして、中腰かつ内股で、両手を合わせて、もぞもぞしながらカニ歩きで隣の洗面台に移る僕。
あー、もう、今の俺は格好悪いよ。間違いなく格好悪い。
小学生時代の自分が見たら、きっと幻滅するだろう。

そう、こうやって、文明の進化は、新たな利便性を提供する一方で、新たな不幸を生み出すのだな、と深く心に刻みつけておいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チープな号外。

やじうまWatchで知ったんだけど、いやぁ、これすごいな。
わかりやすいものなら、簡単に当たってしまう。
http://y.robinb.net/jp

このやりとりだと名詞とそれに対する評価ばっかり蓄積されてくからアレだけど、いつかタチコマみたいなのが出てくるといいなぁ。
-----

携帯買い換えたばっかりなのに、これだ。
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/24014.html

こういうのが欲しかったのに…って、前に書いたのに、今頃出すな。
-----

30万画素のWEBカメラを1980円で買ったんだけど、けっこうきれいですね。
でも、何故か、音が拾えねぇ…。内蔵マイクでも、付属のインカムでもダメ。
PC内部の配線が間違ってるのかなぁ。

まぁ、音が拾えたところで、チャットなんかやらないんですが。

-----

最近は、面白い邦画が増えてきて楽しいなぁ。
最近見た「スウィングガールズ」「笑の大学」「隠し剣 鬼の爪」は、みんな楽しめた。
DVDで見たのが申し訳ない気分だ。
とりわけ前二者は、そんなにお金がかかってるとも思えないが、総量としてお金がかかってるかどうかより、どこにお金をかけるか、というのが大事なのだろう。

さて、問題はスターウォーズと宇宙戦争だ。どうなんだ。
タイトルがかぶってる気がするが、転ぶのはどっちだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セブンイレブンでジュースが当たりました。

お久しぶりです。ちょっと手短に。

携帯電話を買い換えました。久々に。
今まで、2年前に買ったソニー製のを使っていたんですが、ちょうど保証期間が切れるころに、ジョグダイヤルが動かなくなりました。
正確に言うと、ジョグダイヤルを回るんですが、どんなに回してもカーソルが動かなくなりました。
だから、メールも書けず、アドレス帳から電話をかけることもできなくなり、事実上、携帯電話が単なる時計代わりに。

しかし、ホントに、まさに丸2年という時期に、壊れるって、ソニーのタイマーは正確だなぁ、と思いました。
http://www.google.com/search?q=%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BC&sourceid=opera&num=0&ie=utf-8&oe=utf-8
-----

イカリソース詐欺事件の話の中で、ブルドックソースが支援を申し出たとニュースに書いてありました。
それで、生まれて初めて気づいたんですが、犬なら「bull-dog」=「ブルドッグ」のはずなのに、なんで、「ブルドック」なんだろう。

というか、僕は、犬の方も、「ブルドック」と呼んでました。ずーっと、今の今まで。

ああ、間違ってたさ。でも、それは、みんな、ブルドックソースのせいだ。
幼い頃から、ひたすらブルドックソースに洗脳されていたのさ。
もう、何を信じていいのかわからないよっ!

ちなみに、何故か我が家では、ソースは、カゴメソースでした。少数派?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

次の話題。

まぁ、最近、ちょっと話題のアガリクスでしたが、時代は、すでに次の話題に。

meshima_konbu

なるほど、次の逮捕は、メシマコブがらみ、ということなのか。
長門裕行が危ない。

ちなみに、広告の内容はもちろん読んでない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まぁ、短いですが。

なんか、3社いっぺんにゲーム機の発表がありましたね。

・マイクロソフト 「XBox 360」
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20050513/xbox2.htm
なんか、DELLの薄型パソコンみたいだなと思いました。

・ソニー 「プレイステーション 3」
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20050517/sce.htm
なんか、空気清浄機かセラミックファンヒーターみたいだなと思いました。

・任天堂 「Revolution」
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20050518/revo.htm
なんか、ブロードバンドルーターみたいだなと思いました。

まぁ、ゲームはほとんどやらないので買わないと思いますが、もし買うとなれば、やはり任天堂「Revolution」かな。
面白いことに、昔のファミコンゲームもネット配信によってできるようになるらしいので、そうなれば、いつの日か、takさんと一緒にスペランカーをやりたいと思います。
-----

草野球をやってる人と話したとき、面白いことを言っていた。

「(打席で)オープンに構えてたんだけどさぁ、なんかタイミングが合わないんだよね。」
「草野球だからボールも遅いし、オープンに構えて踏み込んでもタイミングは合うはずなんだけど。」
「色々試行錯誤してもダメで、苦労したよ。」
「試しにと思って、アレを真似したら、けっこうしっくり来るんだよ。」
「イヤ、多分、本人よりしっくり来てるんじゃないかな。」

という、「アレ」は、こんなフォーム。
http://images.google.com/images?q=%E7%A8%AE%E7%94%B0&hl=ja&lr=&sa=N&tab=wi

そんなバカな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美空ひばり。

美空ひばりといえば、稀代のスターであり、不世出の大歌手といわれている。
僕も、小さな頃に、テレビで歌を聴いて、本当に歌のうまい人だなぁと感心したのを覚えている。
ただ、時代的に僕よりもかなり上の世代の人であるから、有名な曲以外はあまり知らない。
そんな状況で、美空ひばりのタイトル一覧表を見て、ちょっと腰が抜ける思いがした。

 ・三味線マドロス
 ・初恋マドロス
 ・鼻唄マドロス
 ・浜っ子マドロス
 ・ひばりのマドロスさん

これはなんだ。
マドロス勢揃いだ。
マドロスづくしのミニアルバムができそうだ。

というか、マドロスって、なんなんだ。
漠然と、青と白の服を着た船乗りのイメージが浮かぶんだが、よくわからん。
マドロス調とか、マドロスパイプとか聞くけど、実は、「マドロス」の部分が意味不明だったよ。ごめん。

まぁ、でも、よくわからんけど、こんなに歌ってるんだから、美空ひばりには、何かの思い入れがあったのだろう。
天才歌手の機微など、僕のような素人の知るところではないが、とにかく何かあるのだろう。
そして、美空ひばりは、ひばりのマドロスさんと一緒に、遠くに船出していったのだろう。


色々考えてたけど、全然、キレイにまとまらないので、諦めて寝る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本屋さんにて。

帯に、「右脳を鍛える」って書いてある本を手にとった若者カップルがいた。

「はぁ?超わけわかんねーよ。」
「マジ、笑うって。」

僕には、その若者たちは、まず、左脳を人並みに鍛えた方が良さそうに思えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼のスーパーにて

「こっちのネギ、産地直送だって。」
「じゃ、こっちのよりいいわね。」

といって、奥様方が、九州の方のJAのシールが貼ってあるネギを戻して、「産地直送」とかかれたネギを持っていった。
やっぱり、「産地直送」という言葉には、ある種のブランドがあるのだろう。

まぁ、でも、肝心な「産地」はそこに書いてないけどな。
ひょっとしたら、中国から産地直送かもしれんわけだが。

と、思いつつ、僕は、弁当を買って帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カテゴリーなんて選択したことないや。

あー、よく休みました。
-----

5月8日は、ゴーヤの日でしたね。
何故か、母親に花を贈る人が多かったようですが。
-----

4日でしたか、品川プリンスホテルに新しくできた、エプソン品川アクアスタジアムを見に行きましたが、面白かったです。

小さい水族館ながらも、室内でイルカショーがあるんですが、壮絶です。
開演前に、「前3列は水がかかりますので…」というアナウンスがあったんだけど、僕らは後ろの方にいたから関係ないと思って気にしませんでした。

ショーが始まると、イルカがビュンビュン泳ぎまくり、ビシュッとジャンプ!
そして、落下…ザッッバーン!

ぐはっ、水がかかるなんていうレベルじゃなくて、バケツをひっくり返したような水をかぶってました。
しかも、インストラクターの指示で、わざと尻尾をばたつかせて水をかけるように演技したり。
ホント、すごいな。夏はいいけど、冬場はどうすんだろう。

ショー自体は短いけど、なかなか見応えがあるし、面白いと思いますので、興味のある人はどうぞ。
-----

ゴールデンウィークに、甥っ子・姪っ子と食事する機会があった。
注文に当たって、「飲み物は何がいい?」と僕が聞く。

「わたし、コーラもちいりがいいなぁ。」
「じゃあ、僕も、コーラもちいり。」

何言ってんだ?
最近の学校で流行ってる飲み物か?

「ねぇねぇ、もちいりって何?」
「え、メニューに書いてあるよ。」
「嘘?お餅が入ってるの?」

というところで、僕の目に飛び込んできたのは、このメニューだった。

「コーラ(瓶入り) 300円」

いや、餅じゃないよ。瓶だよ、それ。似てるけど。
危ない危ない、聞き直してよかった。そのまま頼んでたら、恥をかくのは僕の方だ。

でも、本当に餅が入ってたら、僕も頼んだかもしれない。
-----

かなりバッテリーが改善されたPanasonic DMC-FX8。魅力的かも。
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2005/05/09/1489.html

でも、高ぇよ。
3万円くらいで買えるなら飛びつくかもしれんけど、推定価格が4万5千円ってのはなぁ。
おそらく、前モデルに引き続き人気も出そうだし、高値維持で後継機が出るまで持ちこたえそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンウィークとゴールデンイーグルスは似てるよね

以前、新幹線の切符を自販機で買ったら、真後ろに、ピタッと誰かが張り付いてたんですよ。
まぁ、後ろに並んでるんだろうとは思ったんですが、よく見ると、周りの自販機は、ガラガラなわけです。
何だよ、気色悪いなぁ、隣の自販機を使えよ、と思いましたが、まぁ、買い終わる所だったので、グッとこらえることにしました。

で、一通り操作が終わる頃、領収書を発行するかどうかを画面で問われたんですよ。
まぁ、いらないんで、放っておいたら、急に後ろから声がするわけです。

「領収書いらないなら、ください。」

突然のことで、何を言ってるんだと思いましたが、経費を落とせなくても困ってるのかもしれないし、まぁ、別にいらないから「いいですよ」と言ってあげました。
僕は、そういう風に、実に親切な人です。
でも、言うタイミングが遅かったので、領収書発行ボタンを押すのが間に合わず、時間切れになって領収書は出てきませんでした。
でも、それは、僕が悪いわけではないので、僕の評価を落とさないように。

まぁ、そのときも驚いたんですが、昨日はもっと驚きました。
やっぱり、後ろに人が並んでいたわけですが、今回は、あからさまに挙動と服装のおかしい人で、かなり用心レベルを上げて切符を買うことにしました。
でも、今回は、領収書は発行されないので、何の用だと思ったら。

「お兄さん、そのお釣りくれない。」

ぐはっ!どの口が、言うか。厚かましい!
僕がいくら親切な人だからって、そこにつけこむなんて許せない!
それに、1000円札で190円の切符だから、お釣りの方が多いじゃないか。
というか、僕は、君のような不出来な弟を持った覚えはない。
お兄さんなどと言われても、だまされないぞ!

わかんねぇなぁ。言えばくれると本気で思ってるんだろうか。
日本には1億2千万人もいるから、一人くらいは奇特にもくれるかもしれないが、その確率は、天文学的だぞ。
僕にはわからないメンタリティだが、そういう未知のアクシデントで、僕の対応力が問われているのかもしれない。

誰が何のために問うのかはわかりませんが。

とりあえず、「あげないよっ。」と、冷静フリをしてに答えておきました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »